iPhone6を紛失したら「iPhoneを探す」機能を使う

先日iPhone6をうっかり無くしてしまいました。軽くてかさばらないのが仇になって電車から降りるときにポケットからすり抜けたようです。こんな時はウインドウズパソコンでもiPhone6を探せます。

とはいえ、そもそもiPhone6で「iPhoneを探す」がオンになっている必要があります。設定、iCloud、iPhoneを探す、をオンにします。初期設定でオンだったかも知れません。また、設定、プライバシー、位置情報サービス、システムサービス、iPhoneを探す、をオンにします。当たり前ですが電源が入っていることも必要です。

こうしておくと、https://www.icloud.com/にいって、Apple IDとパスワードでログオンすると今iPhoneがどこにあるのか探せます。そして遠隔操作でパスワードロックをかけたり、メッセージを表示させたりできます。無事に見つかれば一安心、最悪戻ってこない場合はデータの全消去も出来ますが、今iPhoneがどこにあるか分かるだけでも少し安心します。あとは日本の安全、国民の親切に期待しましょう。私は戻ってきました。流石日本。

もちろん、海外でなくした場合でも同じ方法で探せます。
[PR]