ウインドウズ10、勝手に再起動するのを止める

アニバーサリーアップデートはトラブル続出ですが、2016年10月になってかなり改善されたようです。それでもまだ上手くいかないケースはありますが。

ウインドウズ10で困ってしまうのは、勝手に再起動する点です。仕事中に突然再起動され、保存していないデータはパーになります。まったくもってけしからん仕組みで、全世界で懲罰的損害賠償を請求するべきでしょう。

これを逃げるには、スタートメニュー、設定、更新とセキュリティ、Windows Update、右側のアクティブ時間の変更、を選んで、自分が使う時間帯を設定しましょう。こうしておくと自分が使っているときに再起動が必要になると、一応ウインドウズが再起動していいかどうか聞いてきます。再起動させる日時を指定できますが、無視するとアクティブ時間を過ぎてから勝手に再起動します。

日常的にPCを使う時間帯がある程度決まっている人は是非アクティブ時間(12時間まで)の設定をしておいて下さい。そうすれば「再起動が必要です」というメニューが出たら、上記Windows Update、右側の再起動のオプションとたどって、いつ再起動するか日時を設定できます。例えばその日の夜中に設定しておいて、電源をオフにしなければ取りあえず今日は帰ってゆっくり寝ることができます。

それにしても再起動していいかどうか聞いたのに、返事がないから勝手に再起動する、というのはいかにもマイクロソフト的です。皆パソコンにへばりついているわけではありませんよね。返事がないなら、あるまで待つという謙虚さは持ち合わせていないのでしょうか。
[PR]