ウインドウズ10、クリエイターズアップデートでロック画面が無効に?

今までのウインドウズ10(アニバーサリーアップデート適用分)では、どうやってもロック画面をスルーできず、必ず起動時にロック画面が表示され、エンターキー(でなくてもいいですが)で緞帳をあげるようにロック画面を消して初めてパスワード入力画面になりました。

ところがこの4月の「クリエイターズアップデート」を適用後には、いきなりパスワード入力画面が出るようになりました。ユーザーの、ロック画面が鬱陶しいという声に応えてくれたのでしょうか。

gpeditでローカルグループポリシーを見てみると、管理用テンプレート/コントロールパネル/個人用設定で、確かに「ロック画面を表示しない」は「有効」になっています(私が以前から何とかしようと思って有効にしていた)が、この設定はEnterpriseやServer SKU にのみ適用されます、となっていて一般のウインドウズでは設定変更は効かないはずです。事実、アニバーサリーアップデート適用後は緞帳をあげざるを得なくなっていました。

でも、何故か一手間省けるようになりました。よかったよかった。

ところがところが、別のデスクトップPCでは、同じようにクリエイターズアップデートを適用しても、この緞帳をあげる手間を省けません。理由は、、、分かりません。調査中です。

ちなみにどちらのPCもwindows10 Pro です。Home ではありませんし、世の中すべてのウインドウズPCがこうなるかどうかは検証できません。でもどうしてもロック画面を無効にしたい人は試しに手動ででもクリエイターズアップデートをしてみて下さい。

デスクトップPCでロック画面が無効に出来たら、その手順などまたこのブログに方法を書こうと思います。

[PR]