ウインドウズ10、クリエイターズアップデートでロック画面が無効に!

前回書いた内容の続編です。
まあ、PC起動時にロック画面がでても気にならない人には関係ない話ですが、私はいちいちロック画面で何かしらのキーを押すのがイヤです。

まず、ロック画面との戦いの状況を整理します。

2015年、ウインドウズ10発売、何もしなければロック画面が出てくる。
→10Home、レジストリ操作で無効に出来る。(ちょっと難しい)
→10Pro、gpeditを使う(比較的やさしい。2016/4/4ウインドウズ10,ログイン時にすぐにパスワードを入力したい)、またはレジストリ操作で無効に出来る。
2016年夏、アニバーサリーアップデート
→上記いずれの方法でも無効に出来なくなる。
2017年4月、クリエイターズアップデート
→相変わらず無効には出来ない。
2017年5月10日頃、大規模アップデート
→上記いずれかの方法で、無効に出来るように戻ったと思われる。

煮え切らない表現なのは、私の周辺のパソコンではすべて2015年の段階でロック画面を無効にしていて、4月のアップデートでは相変わらずだったのに、5月のアップデートでロック画面が出なくなった、ということしか分からないからです。

つまり、今ロック画面が出ている人が、新たに上記2つの方法を試せば無効に出来る、と確信を持って言えません。ただ、もう今の段階ではクリエイターズアップデートを適用し、さらに5/10頃のアップデート (KB4016871)を適用すると上記2つの方法のいずれかでロック画面は無効にできるのではないか、と推測しています。

ちなみに私のノートPCでは、2017年4月のアップデートの時点でロック画面が出なくなりました。しかし、ロック画面の背景画像をかなり強引に書き換えていた(2017/3/1ウインドウズ10、ロック画面の背景画像はどこにある?変更したい!)ので、余り一般的とは言えませんね。

発売当初のままでよかったのに・・・。

[PR]