<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

それまではフレッツADSLで接続していた人が引っ越しをし、マンション一括のフレッツ光でインターネット、さくさく快適のはずが、そもそもつながりません。

自宅へおじゃましてあれこれ見てみましたが、基本的にLAN接続でつなげばいいはずなので、TCP/IPのアドレスを自動取得にしておけばOK、特に不審な状況ではありませんでした。なのに繋がらない。

原因が分からないので、接続マニュアルにあるサポートセンターへ電話しました。きわめて丁寧に対応してくれたのですが、内容的には既にチェック済のことばかりで、やりとりのあと何度か数分待たされることにもなりました。だんだん手詰まりになっていく中、「これはハードウエアの問題でしょうか」と聞いたところ、「そうですねぇ、それでは最後にここだけを試してみて、それでもダメならパソコンのメーカーさんに・・・」と言いつつ、ネットワークアダプタを確認しました。

これは見ていなかった。イーサネットアダプタと、PPPOEアダプタがあり、どちらも有効に機能しています。どちらも有効というのがいかにも怪しい。イーサネットアダプタを無効にして再起動し、LAN接続には不要のPPPOEアダプタも無効にして、改めてイーサネットアダプタを有効にすると、ちゃんとつながりました。

「PPPOEが原因だったんですね。」と、電話の向こうとこっちでお互いに妙に納得していました。

テレビで結構コマーシャルも流れていますが、「マンション一括加入で簡単インターネット接続」とはいかないときもあるのですね。このプロバイダは私たちのおかげで、つながらないときの解決マニュアルが一つ充実したでしょう。
[PR]