<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パソコンが重たくなって使い物にならない、ということでいってきました。

XPパソコンですが、確かに使用に耐えない程とんでもなく重たい状態でした。例えばエクスプローラーの場合、一つクリックすると10秒から1分以上待たされます。

何故こんなに重たくなったかという理由は判然としませんが、次第次第に遅くなってきたという話からすると、ソフトウエアのインストールやアンインストールを繰り返すことによるゴミがたまり、あるいは使うつもりもないソフトを知らず知らずにインストールさせられたり、常駐させられたり、そもそもPCの能力が不足していたり、いろいろ考えましたが、そのほとんどがあたり!の状態でした。

まず不要ソフトを大量にアンインストール、アウトルックエキスプレスはメールを整理・廃棄してフォルダの最適化、IEのキャッシュや入力補助関係もみな削除、スタートアップ項目も全部削除、その他の常駐ソフトも msconfig から全部常駐を外し、CCleanerを使ってレジストリーをお掃除、ゴミ箱の中まで全部削除して、あとはデフラグ。

劇的にとはいきませんが、多少は動きが速くなりました。ですがそもそもPCの能力やメモリ不足などはどうしようもありません。古いパソコンなので適合するメモリーもあるかどうか分からず、まあメモリを足せば劇的に速くなることは想像できますが、それよりはPCの買い換えの方が実際的ですし安くつきそうです。

やっぱりパソコンは3~4年くらいで賞味期限がやってくると考えた方がよいようです。
[PR]
どうしても手持ちのソフトがウインドウズ7では印刷ができないということで、いってきました。

実際どうしようもないので、7をXPモードに切り替えて印刷させることにしましたが、XPモードでソフトをインストールすれば終わりではありませんでした。知らなかったのですが、7の時に使っていたハードディスクも外付けのディスクもXPモードでは切り替え直後には全く認識していないのです。ですから7の時のバックアップもそのままではXPモードでは使えません。

まず必要なバックアップをUSBメモリースティックなどに取り、XPモードにしてそのUSBメモリーを接続認識させて、やっとバックアップをリストアできます。接続認識させるのは画面上部のちょっと特殊なメニューの中にあって、やったことがなければ一目で分かるしろものではありません。

今更でしたが、考えてみれば別のOSという位置づけですから当然なのかもしれません。とはいえXPモードの画面を目の前にしないと対応するのはむつかしいと感じました。
[PR]