<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


会社のデータベースシステムなどからデータをエクセルに取り込んで作業をすることは多いと思います。この時に数値の前にスペースが書き込まれてしまうことがあり、そのままではエクセルでは文字列扱いになり計算ができません。システム側が固定長のレコード設計になっているときなどにこのような事態が生じるようです。

文字列を数値に変換する方法は、マイクロソフトのホームページでも紹介されていますが、探しにくく、かつ説明がちょっとわかりにくいと思います。また、そこで紹介されている方法でも、ひとつひとつ再入力したり関数を使ったりなどは、大量の縦横データとなってしまったものには不向きです。今回の場合は一番いい方法は「乗算を使う」方法です。

手順
1.どこかのセルに1を入力し、そのセルをコピーする。
2.スペースがついてしまった変換したいセル全体を選択し、右クリック。
3.「形式を選択して貼り付け」 をクリックし、「乗算」「OK」とクリック。

これでめでたく文字列としての数字が、計算できる数値に一気に置き換わります。書式を残したいときは「OK」の前に「値」もクリックしておけば大丈夫です。お困りの方はお試し下さい。
[PR]