<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

個人用では既にウィンドウズ8の時代ですが、業務用ではXPが未だ現役です。ですがXPはサポートが来年4月に完全に終わってしまうので、業務用でもXPパソコンの更新特需がおきるのではないかと言われていて、ついに私のPCも買い換えました。

とは言え、タブレット用としてはウィンドウズ8(個人的にはアップルの方が好きですが)でいいでしょうが、業務用でタッチパネルなど全くナンセンスです。しかも仕事で使うソフトが8に完全に対応しているわけではなく、今ウィンドウズ8に更新してしまうと何かと支障が出てくるので、結局ウィンドウズ7に買い換えました。

既にウィンドウズ7は使っていますが、あらためて自分のPCが7になると使い勝手の悪さからあれこれカスタマイズをすることになります。業務用としては無駄な仕様がたくさんあるので、それらをそぎ落としていくと、ほとんどXPと変わらなくなってしまいました。

エクスプローラーの左側のフォルダー表示は、改悪です。初期設定ではファイルを選んでも展開してくれません。つまり目的のファイルの周辺フォルダが見えないので、あれとこれと・・と複数のファイルを探しているときにはかえって不便です。これは「フォルダーと検索のオプション」でフォルダーを展開するように変更できます。できますが、サブフォルダまでの道のりがXPのように点線で表示されず、しかも右へのずれ方が日本語で言えば半角分しかない(XPでは全角分、つまり2倍あり充分だった)ので、目で追ったときにどこにいるのか分かりにくくなってしまいました。

さらに鬱陶しいのがエクスプローラーの表示で、「お気に入り」や「ライブラリ」を一番上に表示するのが邪魔です。お気に入りは仕事ではまず使いませんし、通常はファイルの保存は必ず所定のフォルダに行うので、ライブラリなど全く無価値です。これらは個人ユースでは便利なのかもしれませんが、PCを使いこなしている人には無用の長物と思います。「お気に入り」や「ライブラリ」を表示しないようにするにはレジストリをいじらないといけません。

ウィンドウズはOSなのだから、このあたりの基本操作を簡単にカスタマイズできるように作っておくのが使命なのではないでしょうか。あれこれ囲い込みすぎてOSが肥大化しているのが諸悪の根源かもしれません。
[PR]