<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ウイドウズ8.1では基本的にタイルの並ぶスタート画面が最初の画面ですから、新たにインストールしたソフトはスタート画面左下の矢印をクリックすれば、どこかにそのソフトのアイコンがあります。以前の「全てのプラグラム」ですね。

でも、デスクトップ画面からはじめようとすると、ソフトを起動するアイコンがないので、いちいちスタート画面に戻らないといけません。そこでXPや7のようにデスクトップにソフトのショートカットを置くことにします。

例えばスタート画面でエクセルのアイコンを見つけて右クリック、するとカスタマイズのメニューが下に出てくるので、「ファイルの場所を開く」をクリックします。そのソフトを起動するファイルが分かるので、そのファイルを右クリックしてコピーし、デスクトップの空いているところで右クリックして、「ショートカットの貼付」をすればokです。

ソフトのアイコンから「タスクバーにピン留めをする」でもいいのですが、それではタスクバーがあっという間にいっぱいになるので、ソフトによって使い分ければいいと思います。

今は8.1をあれこれいじっているので、私はコントロールパネルまでタスクバーにピン留めしています。
[PR]
ウインドウズは8.1になって多少使いやすくなりましたが、いままで7やXPを使っていた人にはやっぱり不便な点も多く残っています。

まず、立ち上がったときにタイルが並ぶスタート画面は私にとっては使いにくく感じます。初めからデスクトップ画面を表示させたいと思います。

これは、デスクトップ画面のタスクバーで右クリック、プロパティ、ナビゲーションタブを選んで、「スタート画面」の一番上にある「・・デスクトップに移動する」にチェックを入れればokです。

次に8.1のデスクトップ画面からエクスプローラーを呼び出すには左下の「スタート画面のアイコン」を右クリックし、エクスプローラーを選ぶのが一番早いでしょう。しかしこれではPCが開いた状態になり、目的のフォルダにたどり着くのに何度もクリックが必要で面倒です。

私はエクスプローラーでは私がファイルを保存すると決めているCドライブの「data」フォルダを開いて欲しいので、こうします。

デスクトップ画面で右クリック、新規作成→ショーットカットとたどり、四角い箱の中に、

C:¥Windows¥explorer.exe /e,/root,/select,c:¥data

と書き込みます(¥は実際には半角です)。

これでできたアイコンをクリックすると、Cドライブのdataフォルダを選択した状態でエクスプローラが開きます。この / 以下のオプションはXPの時とは書き方が違うので注意が必要です。
[PR]
迷わず8.1にアップデートしましょうと言った後で何ですが、8から8.1に変えるときには周辺機器の対応には注意が必要です。

OSとしては確かに8よりは遙かにましなのですが、遙かにましということはかなり変わったと言うことですから、それにつれてアプリケーションや周辺機器が動かなくなる可能性も出てくるということです。

アイオーデータ機器の場合は1割程度が動かないと公表しました。かくいう私もブルートースで少々困っています。

8プリインストールのPCの場合だとPCのメーカーがある程度サポートしてくれるようですが、7から8に変えた場合は、さらに8.1へ変えるとメーカーではサポートしてくれず、自分で自分のPCのソフトや周辺機器の8.1への対応状況を調べて、自分で対応せざるを得ないかもしれません。

7から8に自力で変えられた人なら大丈夫かもしれませんが。
[PR]
ウインドウズ8を使っている人は迷わず8.1にアップデートしましょう。スタート画面では、デスクトップ画面にいくタイルや、インストール済みのアプリを表示させる下矢印アイコンが出てきます。これは便利です。

デスクトップ画面にいったら逆に左下に常にスタート画面を表示するアイコンが出てきます。これらだけでも価値があります。

またスタート画面も簡単にカスタマイズできます。矢印を右にやったり左にやったり右クリックしたり、あれこれいたぶっていると何となくやりたいことができるので、初めて7を使い出したときよりも使い勝手はましだと思います。

ですが、タイルのメニュー表示はやっぱりタブレット用だと思います。デスクトップPCやノートPCでは画面に手を伸ばしてなど作業はやっておれません。特にノートPCはタッチパッドが有り、それがタッチパネルと似た動きをしてくれるのでそれで用が足ります。

ほとんどのビジネス用アプリケーション(アプリと省略するのは嫌いです)は結局デスクトップ画面から操作することになるので、今までの7やXPと同じやり方になりますが、インストールしたソフトはほとんどの場合スタート画面の方にショートカットアイコンができてきます。そのショートカットアイコンはどれでもスタート画面上のタイルにおくことができる(ピン留めする)ので、デスクトップ画面から無くなってしまった「全てのプログラム」の代わりにスタート画面を使うことになるでしょう。

そうなるとおもなアプリケーションはタイルにしておけますが、タイルにピン留めしていないものは下矢印でアプリケーションの一覧をすぐに出せるのが大事です。8.1にしましょう。
[PR]
いくつかのアプリケーションを使っていてウインドウをあれこれ開いているときに、デスクトップをサッと表示させる為、XPの時は「デスクトップの表示」をタスクバーの左下に常時おいてありました。ウイドウズ7になって、デスクトップの表示は基本的に右下にやってきてしまいます。まあこれはいいとして、そこにマウスの矢印がいくと勝手にデスクトップ表示に変わってしまいます。

仕事をしているとマウスに右手や書類があたることは結構あって、意図せずに矢印が動き、意図せずにデスクトップが表示され、なんじゃこりゃああ、となります。

最初はなぜデスクトップ表示になったのか分からずとまどいましたが、タスクバーのプロパティからエアロプレビューのチェックを外すと、勝手にデスクトップを表示することはなくなります。

どうもウインドウズは95、98、XP、7、とヴァージョンがあがるたびに(間にMEやらVISTAやらもありますが)要らぬお節介がひどくなります。オフィスソフトもひどいものですが、この要らぬお節介を切ってしまう手順を知っておいて、自分にとって便利な部分だけを使うようにするのが、ある程度パソコンを使い慣れた人には快適に利用するコツだと思います。
[PR]