<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウインドウズ8.1ではデスクトップ画面でもマウスを右上隅や右下隅に持って行くと、チャームという基本的なメニューが出てきます。これは意図しないときに突然(ではなく矢印がそこにいっているからですが)出てくるので、しかも大きいので、びっくりします。

ジャマなので出てこないようにしました。タスクバーで右クリック、プロパティを選び、ナビゲーションタブで、「右上隅をポイントしたときにチャームを表示する」のチェックを外せばokです。

こうしても矢印が右下隅にいくとチャームは出てきますが、まあ被害は少なくなると思います。意図的にチャームを出したいときは矢印を右下隅に持って行くか、タッチパネルやノートPCなら、右外から左へ向けたのスワイプ(指を滑らす)でも出てきます。
[PR]
タイルの並んだ画面ではなく、デスクトップ画面から作業を進めることが多いと、いちいちスタート画面に戻らないとアプリケーションを動かせない、ショートカットをおくにしても画面がいっぱいになる、など、慣れの問題ではなくかつてのスタートメニューのほうが使い勝手がよかったように思います。

そこで、Classic Shellでかつてのスタートメニューを使えるようにしましょう。最新のバージョンは英語版だけですが、バージョン4になって使い勝手がずいぶん良くなったようなので、V4をインストールしましょう。インストール自体は難しくなく、インストール後は普通に日本語表示になりますので何とかなると思います。

http://www.classicshell.net/ からDownload Now のボタンをクリックし、セットアップファイルをダウンロード、そのファイルをダブルクリックしてインストールします。

途中でカスタムセットアップ画面になり、エクスプローラーとスタートメニューとIEと自動アップデートの4つのうちどの機能をインストーするすかを聞いてきます。私はIEと自動アップデートは×にしました。

インストール後スタートボタンを押すとスタートメニューの表示の仕方を聞いてきます。7になれている人は7を、XPから8に変わった人はクラシックスタイルが使いやすいでしょう。以後、スタートボタンを押すと慣れ親しんだスタートメニューが出てきて安心します。8のタイルが並んだスタート画面にはスタートメニューの一番上をクリックすれば行くことができます。

エクスプローラーを表示させると、右上にできている貝のアイコンをクリックし、Show all settings をクリック、Don't fade buttons をチェックすると、フォルダの頭についている▽や+が消えなくなり、それだけでも見やすくなります。またフォルダーを展開したときに画面がスクロールして戸惑うこともなくなります。

また共有しているフォルダもアイコンにそれを表示させることができます。
[PR]
スカイドライブはウィンドウズ8.1からOSに組み込まれた形で提供される、クラウドドライブです。要するにインターネット上に自分のパソコンの外付けハードディスクがあると考えればいいでしょう。

どうやら自分のPCの「スカイドライブ」フォルダー(?)に保存したファイルは、ネット上にコソッとアップロードされ、常に状態を同じに保つ(同期をとる)ようです。まだよく分かっていませんが、ネットに接続できる環境では自分のPCには実態のファイルはおかず、ネット上にだけ実態ファイルを置く、という使い方を考えているようです。

ネットと接続できない時のために実態をPCに置く事も可能なので、いよいよ何がどこにあるのか分からなくなりそうです。

個人ユースで雑多なファイルを散らかしても検索機能で問題なければ、スカイドライブもいいのかもしれません。ビジネスユースではセキュリティや使用する人の問題、ファイル整理の必要性など、クリアすべき点が多いような気がします。ネット接続環境がなければスカイドライブは使えませんし。

そもそもファイルをきちんと整理して、自分でバックアップをとっている人は必要ないかもしれません。
[PR]
私は基本的にブラウザはグーグルのクロームを使いますが、ウインドウズ8.1にすると、クロームが全画面表示になってしまいました。

まあそれでも良かったのですが、普段はタイルがベタベタと並ぶスタート画面ではなく今までなじみのデスクトップ画面から作業をするので、画面が切り替わるのがちょっと面倒です。

これは、クローム右上の三本ラインのメニューを押して、「デスクトップでChromeを再起動する」をクリックすれば今までのデスクトップでの表示に切り替わります。ちなみにこれはトグルスイッチになっていて、今度は「ウインドウズ8モードでChromeを再起動する」になっているので、これをクリックすると全画面表示に切り替わります。

ところがどうもクロームの画面がぼやけています。デスクトップからクロームを動かすと解像度の関係で表示がおかしくなるようです。これはGoogle Chromeのプロパティ(クロームのアイコンを右クリックすれば出てきます)で「互換性」タブを選び、「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」にチェックを入れれば治ります。

OSが新しくなると、周辺機器やソフトがオタオタして困ります。
[PR]