<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

iPADからネット上のホームページ印刷をしたいときには、印刷アプリをつかえません。ブラウザーがサファリでもクロームでも、印刷メニューはあっても「アプリで開く」というメニューがないからです。

では、どうするか。ブラウザーがクロームならGoogleクラウドプリントを使って印刷できます。すでにウインドウズやマックで印刷するプリンターがあるでしょうから、これらのPCを経由して印刷をするやり方です。

まずグーグルのアカウントが必要で、そのアカウントでログインして作業をする必要があります。これだけのためにグーグルアカウントを一つ作っても損はないかと思います。

PC側でクロームの右上の三本線をクリックして設定画面をだし、詳細設定のなかにあるGoogleクラウドプリントの「管理」ボタンを押します。するとそのPCでつかえるプリンターが出てきますので、使いたいプリンタにチェックを入れて終了します。

これだけで、次にiPADでクロームを動かすと、印刷メニューの「Googleクラウドプリント」に先ほど登録したプリンターが出てきて印刷できるようになります。どんなに古いプリンターでも今のPCから印刷できているのなら、iPADでも印刷できるようです。

他にも手があるのですが、これが無料で出来る一番簡単な方法だと思います。

問題は印刷するときにはPCが動いている必要があるということですね。PCが動いていなくても印刷内容は送られるので、あとからPCを動かすと、立ち上がったと思ったらすぐに印刷が始まります。
[PR]
iPADから印刷をしたくて、普通に「文書を印刷」を選ぶと、AirPrintプリンタが見つかりません、と言われてしまいました。

基本的にiPADやiPhoneはプリンターを有線で接続して印刷すると言う概念がないようで、そもそもドライバーは不要というか、AirPrintという名のドライバーがOSに含まれている(?)だけなのです。AirPrintというiOS用の規格に対応したプリンタでないとそもそも無線LANでも接続すらできません。

AirPrint に対応しているプリンタは、
http://support.apple.com/kb/HT4356?viewlocale=ja_JP
で探せます。ですが、ここに載っているプリンターがネットワーク上にあって、そのネットワークにiPADが参加しているなら、「AirPrintプリンタが見つかりません」とは言われません。

では、普段ウインドウズで使っているプリンターで印刷は出来ないのか、というと「印刷アプリ」を使って印刷するという手があります。

たとえば「Canon Mobile Printing」や「Epson iPrint」という「印刷アプリ」をAPP Storeで探してダウンロードします。APP Storeでエプソンとかゼロックスとかで検索すればすぐに見つかります。この印刷アプリがウインドウズでいうドライバーだと考えればいいでしょう。

もちろんこの印刷アプリが手持ちのプリンターに対応していなければダメですが、さすがにほとんどの現行プリンター機種に対応しているようです。古いプリンターはちょっと・・・。

iPADに印刷アプリをインストールしたら、印刷したいときに「文書を印刷」ではなく、「開く...」を選んで、その印刷アプリで開く、を選びます。そうすると印刷アプリの画面になって、印刷の設定などができ、無事に印刷できるようになります。

ウインドウズに慣れていると、このあたりの操作はちょっと戸惑いますが、ドライバーのインストールよりはかえって分かりやすいかもしれません。
[PR]