<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

MS-IMEを削除するという荒技を実行してしまうと、そもそも日本語のパレットがなくなってしまいます。つまり例えば入力モードを変更しようとしてもすぐには出来なくなります。

そこで、ATOKパレットをタスクバーに表示させておいた方が何かと便利です。そうすれば見た目は従前と変わりません。ATOKパレットは初期設定では表示されませんので、自分で表示するように設定します。

バージョンによって操作方法が違うと思いますが、ATOK2013の場合、スタート画面でATOK2013ツールを探してクリックし、環境メンテナンスにあるプロパティをクリックします。入力変換タブの表示メニュー内の「ATOKの状態を言語バーで表示する」のチェックを外します。

これで今までと同じように画面右下に日本語変換の状態がでてきて、あれこれ操作ができるようになります。
[PR]