<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

PCを使っていてネット環境がないときには、iPhone6をルーター代わりにしてインターネットに接続できます(テザリング)。そのための手順を簡単に書いておきます。

0.まずはPCとiPhoneを何でつなぐかを決めます。つなぎ方はWi-Fiでつなぐ、USBケーブルでつなぐ、などもありますが、Wi-Fiだと無線ですが長いパスワードの入力が必要です。ペアリングの手順がややこしくてもつないでしまえば無線環境で快適なブルートゥースでやってみます。PC側はWindows8.1です。

1.iPhoneで設定、Bluetooth、とたどりこれをオンにします。

2.iPhoneで設定、インターネット共有、とたどりこれもオンにします。

3.次にPCでチャームを出して(マウスを右下にもっていく)、設定、PC設定の変更、PCとデバイス、Bluetooth、を選びます。
すると勝手にiPhone6を検出してくれてペアリングの準備完了になりますので、ペアリングを押します。
するとなんらかのパスコードが表示され、iPhoneでも同じパスコードが表示されます。
両方で、okとするとペアリング完了で、PCとiPhoneがブルートゥースでつながります。
iPhone6がPCの画面に出てきているのにうまくいかないときは、一旦iPhone6というデバイスを削除すれば準備完了状態になるようです。

4.ペアリングに成功したら、PCでコントロールパネル、ネットワークと共有センター、アダプターの設定の変更とたどり、Bluetoothネットワーク接続をダブルクリック、デバイス(iPhone)をクリックして接続方法を「アクセスポイント」にします。Windows8.1ではこの手順を行わないとインターネットに接続できないようです。

5.終わりです。iPhone経由でインターネットにつながります。

PCのインターネット接続環境をiPhone経由にしたときは、ほかのWiFiなどは無効にしてしまった方がよいようです。またこの状態でPCでインターネットから大きなデータのダウンロードなどを行うと当然ですがパケット(1パケット=128バイト)を大量に消費することになります。iPhoneのネット接続契約内容をちゃんと確認しないと接続料金が高額になったりネットの接続スピードが落ちたりしますのでご注意を。少々のメールチェックくらいならたかが知れていますが。
[PR]
先日iPhone6をうっかり無くしてしまいました。軽くてかさばらないのが仇になって電車から降りるときにポケットからすり抜けたようです。こんな時はウインドウズパソコンでもiPhone6を探せます。

とはいえ、そもそもiPhone6で「iPhoneを探す」がオンになっている必要があります。設定、iCloud、iPhoneを探す、をオンにします。初期設定でオンだったかも知れません。また、設定、プライバシー、位置情報サービス、システムサービス、iPhoneを探す、をオンにします。当たり前ですが電源が入っていることも必要です。

こうしておくと、https://www.icloud.com/にいって、Apple IDとパスワードでログオンすると今iPhoneがどこにあるのか探せます。そして遠隔操作でパスワードロックをかけたり、メッセージを表示させたりできます。無事に見つかれば一安心、最悪戻ってこない場合はデータの全消去も出来ますが、今iPhoneがどこにあるか分かるだけでも少し安心します。あとは日本の安全、国民の親切に期待しましょう。私は戻ってきました。流石日本。

もちろん、海外でなくした場合でも同じ方法で探せます。
[PR]
タッチパネルが反応しない症状がネットでも報告されています。私の場合の顛末を書いておこうと思います。事態は突然、iPhone6のタッチパネルが反応しなくなりました。最初は左側一列が反応しなくなりました。

取りあえずネットであれこれ調べてみて、再起動したら治りそうでしたので電源オフにしようとしたら、そもそも電源オフにするためのスライド(スワイプ)が効きません。当たり前ですが。またあれこれ調べて、どうやら電源ボタンとホームボタンの同時長押しで強制再起動できると分かりました。

無事再起動を果たし、無事タッチパネルも反応してやれやれと思っていたら、数日したら又タッチパネルが反応しません。今度は右側も反応しません。再起動しても治りません。それどころかタッチパネル全体が全く反応しなくなりました。再起動を繰り返すこと数度、やっと反応してくれて、やれやれと思いつつ、これはおかしいと。

翌日又突然無反応になり、再起動して治るもののしばらくするとまた反応しなくなる。それこそ10回以上再起動を試してやっと反応する。

事ここに至って、アップルサポートへ連絡し症状を説明すると、ハード上の問題と思われるといわれ、製品交換となりました。もちろん無償。

サポートは始めは中国人らしき人が対応したのですが、何しろ言葉をきちんと理解してもらえず、ニュアンスが伝わらないし慇懃無礼と感じてしまい日本人に変わってもらいました。DELLさんもそうですがアップルさんも人件費をけちっているとかえって逆効果で高く付くと思います。

日本人に変わってからは対応もしっかりしていました。電話で話をしていたのは土曜日の夕方、その日のうちに交換品を手配すると言われ、大阪の我が家にやってきたのは2日もたっていない月曜日の朝9時でした。アップルの対応も素早いですが、配送しているヤマトもなかなかのものです。

蛇足ですが、アップルクラウドにiPhoneのバックアップをとっておくと(初期設定でそうなっていますが)こんな時には簡単に元の状態に戻ります。連絡先もその他データ類も設定内容も最初の起動時に「クラウドから復元」を選ぶと戻ります。さすが。

もう一つ蛇足ですが、ソフトでもハードでも、やっぱり初期ロットは不良がつきものかと。
[PR]
携帯のアドレス帳をiPhone6にコピーするのは結構骨が折れました。他の手順もあるかも知れませんが、私はこの手順で全部移すことに成功しました。

携帯→テキストファイル(CSV形式)でPCに保存→OUTLOOKにインポート→iTunesを使ってiPhoneに同期、です。OUTLOOKはウインドウズパソコンには付いていますが、iTunesは事前にインターネットからダウンロードしてインストールしておきます。無料です。

まずとにかく携帯のアドレス帳をPCに取り込みます。私の場合はAUでしたので、リスモポートというソフトを使いPCに携帯データのバックアップをとります。問題はこのリスモポートがWin8に対応していないことで、古いXPパソコンが必要です。

バックアップデータはこのリスモポートというソフトでしか見られませんから、リスモポートでアドレス帳を画面に出して全データを選択してコピーし、エクセルに貼り付けます。次に不要なフィールド(住所や会社名など)はその列を削除してしまいます。そしてエクセルでCSV形式でUSBなどに保存します。拡張子は.csvではなく.txtにして下さい。

次にアウトルックを動かして、ファイル/開く/インポートで「他のファイル」、テキスト(タブ区切り)を選んで、先ほどのUSBに保存したテキストファイルをインポートします。この時に「フィールドの一致」でテキストファイルとエクスポート先をあわせておく必要があります。名前やふりがななどマウスドラッグで合わせておきましょう。

さいごにiTunesを起動し、PCにiPhoneをUSBケーブルでつなぎ、「情報」をクリックして「連絡先の同期先」にOUTLOOKを選んで「同期」ボタンを押します。

OUTLOOKの側で、ファイル/オプション/アドインから、iTunes Outlook Addin をアクティブにしておかないとiTunesからうまく読み込めないかも知れません。またiTunesは最新のものでないとiPhone6には対応していませんので、最新版にアップデートしておいて下さい。

ようやく電話帳を移せました。古~~~い世代から一気に最新モデルに移行するのは意外と大変でした。大手プロバイダーで契約してもこんなに古い携帯からのデータ移行をやってくれるのか不明ですが、できないといわれてもせめてPCにデータをバックアップしておけば何とかなると思います。
[PR]
時代の波に抗しきれず、ついに携帯(ガラケー)をスマホに変えました。しかしスマホの料金は異常に高いので、安くする手立てを講じました。

まず、iPhone6の「SIMフリータイプ」をアップルストアで買います。次にデータ通信専用のSIMカードを通信事業者から買ってiPhoneにセットします(道具はiPhonについてきます)。次ににIP電話アプリをiPhoneにインストールします。そしてメールアドレスを設定します。これだけです。

iPhone6は発売当日とんでもない大騒ぎでしたが、私は発売2日後くらいにネットのアップルストアで買いました。発送に1ヶ月くらいかかるとなっていましたが、1週間でやってきました。もっとも私が選んだのはサイズも容量も小さいタイプでしかも濃灰色でしたから、大きなゴールド色だとこうはいかないかも知れません。

SIMカードの選定は慎重さが必要です。SO-net、OCN、ワイヤレスゲート、b-mobile、Biglobe、U-mobileなどなど多くの通信業者が色々な種類を、あるいはイオンやビックカメラやヨドバシカメラでも売っています。データ通信専用と電話が出来るものとがあります。ここで電話が出来るものを選ぶと、安くても1ヶ月基本料金が2千円くらいはかかってしまいます。ポイントはデータ通信しか出来ないもの。わたしはIIJのSIMカードを選びました。月額972円で高速通信が可能です。1ヶ月通信サイズ2ギガバイトを超えると通信速度が落ちますが、動画やゲームをのべつしているヘビーユーザーでもなければ2GBはまず超えないと思います。

ちなみに2GBだと、ヤフーのトップページは9000回くらい見られ、1メガ程度の添付ファイルをつけたメールなら2000通、テキストデータだけのメールなら40万通、スマホ版グーグルマップなら2700回、電話なら120時間(通話料は下記のように別途かかります)、YouTubeの5分の動画は190回見られます。(出典:b-mobileのHP)

最後にIP電話アプリですが、これもLINE、Skype、050Plus、Viberなど色々あります。ポイントはアプリを起動していなくても着信することと、固定電話にかけられること。こうでないと実質的に電話として機能しません。この両方の機能を持っているのは、調べた中ではSMARTalkとLaLaCallの2つだけでした。私はEO光を使っているので月額基本料100円がタダになることと、通信料が安いことからLaLaCallを選びました。携帯電話向けは1分18円で普通のスマホの半額程度、固定電話向けは3分8円です。

難点は電話番号もメールアドレスも変わってしまうことです。NTTやAUなどの通信業者で買うとMNPが使えるのですが、IP電話アプリでは番号を指定することが出来ません。またメルアドも着信通知をしてもらおうとすると、iCloudのメールを使わざるを得ません。でもそんなことより、最低でも5~6千円はかかるものが972円です。電話代はスマホのカケホーダイにしてもかかりますし、2年も経たないうちに本体代金は回収できると踏みました。

実際に使ってみると電話品質は問題なく、むしろ今までのガラケーよりクリアで遅延もほとんど感じません。ネット環境はNTTドコモの携帯回線を利用するのでドコモのスマホと同じ利用エリア、同じ品質で、ネットのスピードも快適です。もちろんWi-Fi環境にある場合はそれを利用するので、1ヶ月2ギガバイトの制約は関係なくなります。

あとは昔の携帯の中にある電話帳をどうやってiPhoneに移すかですが、これはまた次回。

私のようにガラケーでも構わない、程度の使い方しかしない人は、大手の通信業者でスマホを買うと毎月の使用料がとんでもないことになるので、こんな買い方も参考にされては如何でしょうか。
[PR]