<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

VHSビデオテープに昔の懐かしい映像や子供の動画記録が残っているケースもあると思います。ですが、ぼちぼちビデオデッキがなくなりつつあり、手持ちの機材が故障でもしたらいよいよ再生することができなくなるかもしれません。

そこで今回は、ビデオテープをデジタルのDVDにダビングする方法を書いておきます。

まずは赤白黄色の出力端子しかないビデオデッキからデータをパソコンに取り込むため、USBオーディオ変換ケーブルを買ってきます。私はアイオーデータ社のUSBオーディオ変換ケーブルを5,840円で買ってきました。

データをパソコンに取り込んだり動画データを編集するためのソフトも同梱されているのでこれらをインストールし、ビデオデッキとパソコンをつなぎます。変換ケーブルは片方がUSB、もう片方が赤白黄(とS端子)の受け口になっています。つないだら、ソフトを起動して動画の保存先を指定した上でビデオデッキで再生をします。

そうすると再生された動画はパソコンのモニターに映し出され、同時にそのモニターの動画がパソコンの指定したフォルダに動画ファイルとして保存されていきます。

とにかくデジタルデータで保存したいだけならこれで終わりです。後はこのファイルをDVDにコピーすれば良いわけで、一般的なテレビで見たいのなら「DVDを作成」というメニューを使ってテレビ用のDVDを作るとテレビで見ることができるようになります。編集ソフトを使えば不要部分のカットや画質の向上などもできます。

自分でこの作業をやるとやたらと時間もかかります。ダビング屋さんに持っていけば1本1000円前後でDVDにコピーしてくれますので、お金で解決したほうが早いかもしれません・・・。
[PR]