<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウインドウズ10ではウインドウズ7や8よりはシステムの立ち上げなどが早くなっていると体感できます。まあちょっとごまかしもあるようですが、それはそれとして。

ところが、ネットワーク上のPCの場合、自分のPCが他のPCにアップデート情報を提供するため、ネットワークのスピードが落ち、結果的に自分のPCのスピードが落ちてしまうようです。アップデート情報の提供などやめてしまいましょう。

スタートメニューから設定→更新とセキュリティ→WindowsUpdateの詳細オプション→更新プログラムの提供方法を選ぶ、とたどり、複数の場所から更新するをオフにすればokです。

またハードディスクではなくSSDの場合は、index再定義は余り意味が無いようです。このためにSSDへのアクセスが増えてスピードが落ちるのではナンセンスです。
スタートメニュー右クリックからコントロールパネル→管理ツール→サービス→Windows Searchを探してダブルクリック、スタートアップの種類を無効に変更します。ただしこれはSSDの場合のみで通常のハードディスクの場合は元のままにしておきましょう。

ブラウザーのEdgeは、立ち上げたときにページを全部読み終わるまで何も操作ができず、もうはっきり言ってあきれるほど遅く感じます。特殊なケース以外はクロームを使っているので普段は関係ありませんがEdgeを使わざるを得ないときには、おっそうだった、遅いんだった、と自分に言い聞かせています。
[PR]
ウインドウズ10では、起動したときにすぐにログイン画面(パスワードなどを入力する画面)を表示せず、何らかの画像だけを表示します。これをロック画面と呼ぶようですが、ノートPCやタブレットなどでパスワードの誤入力を防ぐためのものらしく、デスクトップPCではまったく無駄な画面です。

これをスルーして、すぐにパスワード入力画面を出すには、

スタート画面右クリック、「ファイル名を指定して実行」をクリック、
gpedit.msc
とタイプして、ok、
少し時間がかかりますがローカルグループポリシーエディターの画面がでるので、左側の管理用テンプレートをクリック、
コントロールパネルをダブルクリック、
個人設定をダブルクリック、
「ロック画面を表示しない」をダブルクリック、
「未構成」になっているのを「有効」にして、ok。

再起動すれば一気にパスワード入力画面になってくれます。面倒が一つ減ります。
[PR]