<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先日の、Visual Basicで登録しようとしたマクロは、まずはゼロを一発で非表示にする手立てはないのか、ということでした。

ファイルーオプションー詳細設定で、真ん中より下の方に「ゼロ値のセルにゼロ値を表示する」というのがあり、このチェックを外せばいいのですが、これを何度もやるのは確かに面倒です。これをワンクリックで済まそうと思うと、マクロに登録するしかありません。

基本的には開発タブからマクロの記録をし、マクロの保存先を「個人用マクロブック」にして、上記の手順を記録すればマクロは完成しますので、クイックアクセスツールバーの設定でそのマクロ(Personal XLSB!xxxxx)を追加してやればokです。マクロを見れば分かりますが、逆にゼロを表示するのは、ActiveWindow.DisplayZeros = True になります。
終了するときに「個人用マクロブックの変更をなんとかかんとか・・」というダイアログボックスが出てくるので、「保存」するのを忘れないように。

余白の設定も同様に、自分好みの余白設定をマクロの記録をつかって個人用マクロブックに保存し、クイックアクセスツールバーに追加してやれば終わりです。ただこちらは恐ろしく長いマクロになり、必要なのは、With ActiveSheet.PageSetup 以下の、.LeftMargin = xxxxx などの部分と End With だけです。しかもインチ表示なので、自分では1センチのつもりでも0.39・・・となり、戸惑うかも知れません。

それやこれやで、行って説明しながらセッティングをしようとしたのでしたが、その前にウインドウが小さくならない問題が立ちはだかってしまい、ちょっと大変でした。
ゼロ非表示ボタンは重宝ですよ。
[PR]
エクセルでマクロを登録しようとしてもVisual Basicのウインドウが全く動かない、ということで行ってきました。

確かにVisual Basicのウインドウは開くのですが、マウスも何も全く反応しません。それどころかそもそもメニューが見当たらず、どうしようもありません。

ところがそのうちに気づいたのですが、最大化されているウインドウが小さくならないのです。タスクバーには格納できるのですが、少し小さくして動かそうとしても、その少し小さく、ができないのです。

何だこの症状は、とあれこれ探していたら、なんとタブレットモードになっていました。メニューー設定ーシステムータブレットモードでオフにすると、治ります。それにしても何かの弾みでオンにしたのでしょうが、デスクトップPCでタブレットモードなど無用の長物です。

ともあれ、ウインドウの挙動が不審なときはタブレットモードを疑え、という教訓でした。
Visual Basicで何をしようとしていたのかは、又次回。
[PR]
マイクロソフトはOSのアップデートのたびに日本語入力やブラウザーのホームページを勝手に自分たちのものに変更するので、相当のクレームがおきているのではないかと思います。既にウインドウズ10については最後の最後になって勝手にアップグレードするのをやめましたが、対応が遅すぎますね。

今回久しぶりにインターネットエクスプローラーを使ったのですが、初めて、ホームページと検索エンジンを今後は変更しない、というオプションの選択画面が出てきました。少しはユーザーのことを考えるようになったのかも知れません。

ところで日本語入力ですが、
言語/詳細設定/入力方式の切り替えのなかの言語バーのホットキーの変更、
「入力言語を切り替える」を選んで「キーシーケンスの変更」をクリック、
あれもこれも「割り当てなし」を選んでok、ok、とすすめば変更されなくなるかもしれません。

私の日本語入力はATOKなのですが、これをATOK2016にバージョンアップしてからは、OSアップデートで勝手にMSIMEに変わってしまうことはなくなりました。マイクロソフトが諦めたのか、ジャストシステムが優秀なのかは分かりませんが。
[PR]