<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アニバーサリーアップデートはトラブル続出ですが、2016年10月になってかなり改善されたようです。それでもまだ上手くいかないケースはありますが。

ウインドウズ10で困ってしまうのは、勝手に再起動する点です。仕事中に突然再起動され、保存していないデータはパーになります。まったくもってけしからん仕組みで、全世界で懲罰的損害賠償を請求するべきでしょう。

これを逃げるには、スタートメニュー、設定、更新とセキュリティ、Windows Update、右側のアクティブ時間の変更、を選んで、自分が使う時間帯を設定しましょう。こうしておくと自分が使っているときに再起動が必要になると、一応ウインドウズが再起動していいかどうか聞いてきます。再起動させる日時を指定できますが、無視するとアクティブ時間を過ぎてから勝手に再起動します。

日常的にPCを使う時間帯がある程度決まっている人は是非アクティブ時間(12時間まで)の設定をしておいて下さい。そうすれば「再起動が必要です」というメニューが出たら、上記Windows Update、右側の再起動のオプションとたどって、いつ再起動するか日時を設定できます。例えばその日の夜中に設定しておいて、電源をオフにしなければ取りあえず今日は帰ってゆっくり寝ることができます。

それにしても再起動していいかどうか聞いたのに、返事がないから勝手に再起動する、というのはいかにもマイクロソフト的です。皆パソコンにへばりついているわけではありませんよね。返事がないなら、あるまで待つという謙虚さは持ち合わせていないのでしょうか。
[PR]
何だか大規模なアップデート(アニバーサリーアップデート?)が行われたようで、再起動にやたらと時間がかかりましたが、恐れていたとおり私が苦労して使いやすくしたOSは、またまた出来の悪いものに成り下がってしまいました。

1.グーグルクロームが動かなくなった。
クロームはOSが変わったのでは仕方がないのかも知れませんが、アンインストールして(履歴などは消さないで)再インストールすることで、以前と全く変わらない環境で使えます。もちろん既定のブラウザーもあらためてクロームに変更します。IEなどとは比べものにならない使いやすさは手放せません。

2.日本語入力がMS-IMEに変わってしまう。
なぜか再起動するたびにMS-IMEになってしまいます。最低。16年9月の「日本語入力が勝手に変わる」の方法では変わるのを止められません。
必ずATOKにするには、スタートメニューー設定ー時刻と言語ー地域と言語を選び、日本語をクリック、オプションをクリック、キーボードの追加でATOKを追加します。次にコントロールパネルから、言語ー詳細設定ー既定の入力方式の上書き、でATOKを選びます。下にある「保存」を押し忘れないように。

3.いらないアプリをいっぱいインストールされた。
ゲームなんかいらないの!何でインストールするかなあ。16年2月のいらないアプリをアンインストールしたい、で削除!

4.マウスユーティリティが動かなくなった。
なぜか何度か再起動しているうちに動くようになった。不思議。

5.ログイン時のロック画面が無効化できない。
16年4月のすぐにパスワードを入力したい、では無効化できません。regeditからレジストリーを書き換えても無効化はできなくなった。どうやらどうやっても無効化できないようです。何で変更できなくするかなあ。ユーザー無視のOS改悪です。起動するたびに緞帳をあげないといけない。ああ面倒くさい。

6.ちゃんとシャットダウンしない
シャットダウンの仕方も元に戻っているので、16年5月のシャットダウンではシャットダウンしない、で変更した。

いい加減にしてほしいけど、マイクロソフトはもう30年以上も同じことの繰り返しです。必ず何か改悪されてしまう・・・。
[PR]