<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

普通は、C:\Windows\Web\Screen に保存されています、で終わりです。しかししかし・・・。

ウインドウズ10の初期状態で最初の画面(ロック画面)の壁紙がキライです。洞窟の中から外を望む写真ですが、全体に暗く、さあ動かそうという気になれません。

ところが先日アップデートした私のPCでは、ロック画面の背景画像を自由に替えることが出来ません。なぜか、設定、個人用設定、ロック画面とたどっても、背景の画像を「参照」するボタンがグレーアウトして押せないのです。

ロック画面の背景画像は、C:\Windows\Web\Screen に保存されています。参照ボタンが押せなくても、ウインドウズ君はここから画像を引っ張ってきているようなので、ここに好みの背景画像をもってくればいいわけです。しかし img100 という名前でないとダメなようです。

さらにこのフォルダは、残念ながら通常では勝手に操作できません。まずは今ある画像を削除するために、administratorでログインします。コントロールパネル、管理ツール、コンピューターの管理、ローカルユーザーとグループ、の中のユーザーをクリック、administratorのプロパティから「アカウントを無効にする」のチェックを外します。

スタートメニュー右クリックでサインアウトし、administratorでログインします。そしてエクスプローラーでC:\Windows\Web\Screenにある消したいファイルのプロパティをだして、セキュリティ、詳細設定、上部にある所有者の変更をクリックして、さらに詳細設定、検索、から所有者をadministratorに変更し、アクセス許可をフルコントロールにします。これでめでたく画像が削除できます。

いつものアカウントでログインし直して、C:\Windows\Web\Screen に好みの背景画像をもってきて、ファイル名をimg100に変更すれば、今度は、設定、個人用設定、ロック画面とたどれば自分の背景画像が出てくるはずです。

ところがこれだけではウインドウズ君はへこたれません。なんとやり替えた偽ファイル(私のお気に入りの画像ファイル)は受け付けてくれず、C:\ProgramData\Microsoft\Windows\SystemData\S-1-?-??(多分人によって違う)\ReadOnly\LockScreen_Z (最後のZも人によって違う)の中にある、長い名前のファイルをロック画面に表示してくるようです。このファイルはどうやっても消せません。

しかし要はこのファイルを読めなくすればいいのだと思い、もう一度administratorでログインし、フォルダの名前を変えてしまいました。LockScreen_Z2としてしまうと、さしものウインドウズ君も既定値のファイルを読み出すことができず、ついに偽ファイルを読み込むことになったのです。バンザイ!

ちなみの上記の手順では、保護フォルダを表示させたり、アクセス権限やファイルの所有者を変更したりしないと前に進めないので、気をつけて作業する必要があります。ある程度自信のある方以外にはお勧めしません。またセキュリティのためにも元に戻すことをお忘れなく。

それにしても、たかが壁紙でなんでこんな面倒な手順になるかなあ。

[PR]