2015年の5月には総務省による「SIMロック解除の義務化」が始まります。そうなるとハードウエアとしてのスマホ選びと、ソフトとしての通信事業者選びとは別々に行えることになります。これは今でもSIMロックフリーの端末を買えば同じことなのですが。

注意すべきなのは、「SIMロック解除の義務化」は5月以降に販売する端末についての話で、今持っている端末のSIMロックを解除してもらえる訳ではない、ということです。現行のいわゆる「2年縛り」は相変わらず有効なのです。

とはいえ、端末を買い換える予定のある人は5月まで待てば通信事業者を自由に選べます。NTT、AU、ソフトバンクはもちろん、MVNOと呼ばれる格安通信事業者が行うサービスに移行することも可能です。

MVNOでは、データ通信のみの契約形態と電話もできる契約形態とがあります。データ通信のみで契約すると電話機能が無いのでIP電話アプリを追加インストールする必要があります。

MVNO(いわゆる格安スマホ)は、Bigカメラ、ヨドバシカメラ、イオンなどで販売されています。いま使っている携帯番号をそのまま利用したいのであれば、電話つきのタイプで契約しましょう。いわゆるカケホーダイのようなプランはなく、月額固定料金+従量制通話料になります。LTEを利用する月2GBまでのプラン(2Gを超えるとスピードが落ちるのが通常です)で比較してみます(税抜き)。単位は円/月、電話機能付きはデータ通信+電話機能の合計金額/月です。
c0064451_23135238.jpg

電話番号は変わっても気にしないので050で始まるIP電話でよい、のであればデータ通信のみを選んで、IP電話アプリを利用すればさらに安くなります。

IP電話アプリは以前にも書きましたが、アプリを起動していなくても着信すること(push対応)と、固定電話にかけられることが大事で、こうでないと実質的に電話として機能しません。この両方の機能を持っているのは、2014年10月に調べた中ではSMARTalkとLaLaCallの2つだけでした。
c0064451_23183081.jpg

IP電話アプリだと安くなると書きましたが、電話をかけることの多い人、特に携帯から携帯に長電話をする人はかえって高くつくこともあり得ます。またスマホでユーチューブなどの動画をよく見る人もMVNOを利用しても高くつくこともあります。一方そうであってもWiFi環境で利用することが多い人はそもそも月2GBまでの制限が関係なく、安く利用できます。

自分の利用環境や使用内容にあわせて賢くスマホを選べば、スマホを本当に格安で利用することが可能になります。最初にスマホ本体は購入しないといけませんが。
[PR]
ビジネスでスマホを使う人はそれぞれ色々なニーズがあると思います。私はあまり使いこなしているとは言えないのですが、それにしてもお勧めのアプリを書き出してみます。

まずは手帳アプリ。これは、Staccal2。
タテに日にちを並べてくれて、文字も最大15ポイントまで大きく出来て年寄りに優しい。スマホを横にするとちゃんと横になります(6日間くらいの表示)。ToDoリスト(リマインダー)も手帳に連動します。いわゆる普通のカレンダ表示も、予定は小さく表示されますがワンタッチで切り替えられますし、色々なカレンダ表示が準備されているのでお好きなものを選べます。

会社で使っているグループウエアがiPhoneのカレンダーと連動できれば、Staccal2も連動します。しかもグループウエア→Staccal2の一方通行なので、グーグルカレンダーとの同期のように個人の予定を会社に知られる心配がありません。

Staccal2は予定の時間入力方法がユニークかつ便利です。9:30は、9、7を右フリック、3、0、空白、とすればそのまま予定表の開始時刻と認識してくれます。くるくると時間を設定するのは鬱陶しかったので助かります。100円の有料アプリですが、かなりカスタマイズできるので、ぴたっとはまる人にははまるのではないかと思います。

為替のレートが気になる人は、ザイFX!。
おもな為替レートを一発で一覧表示してくれます。無料です。

表計算とワープロは、PagesとNumbers。
iWorksで検索すれば両方無料でダウンロードできます。iPhoneを新たに購入した人は無料だそうですが、買い換えた人はどうなのでしょう。アップル製品なので表示が多少崩れたりします。それがいやなら本家のマイクロソフトエクセルとワードも無料です。まあスマホで作業をする人はいないでしょうから、閲覧できればそれで充分かと思います。

電話については、わたしはそもそもIP電話を使っていますが、大手携帯キャリアの電話を使っている人は楽天電話アプリをインストールするとほぼ半額になるようです。カケホーダイで契約している場合は無意味ですが。

あとはブラウザやマップ。最初からSafariとマップがありますが、私はChrome(クローム)とGoogle Maps(グーグルマップ)を使っています。これは好みだと思います。操作は多少変わりますが、PCで使っているものを使うのがストレスは少ないと思います。

とくにブラウザのクロームはwindowsPCとMacintoshとiPADとiPhoneなどなど同期しますので、ブックマークも拡張機能も同じになってくれていつも同じ使い勝手で快適です。
[PR]
エクセルのファイルをダブルクリックしても、なんだかエラー表示が出てエクセルが起動してくれない、何とかしてくれという依頼です。

エクセルを起動してからファイルを選ぶとちゃんとファイルが開くので、直感的にDDE(ダイナミックデータエクスチェンジ)が悪さしているのだとは思いましたが、ただ今回の話はエクセル2003なので設定のどこをどうすれば良いのやら。

見つけました。ファイル/オプション/全般タブの左上の方にある「設定」です。「ほかのアプリケーションを無視する」のチェックを外せばちゃんと元通りファイルダブルクリックでエクセルが起動してくれます。

それにしても「ほかのアプリケーションを無視する」はひどい表現ですね。せめて「他のアプリケーションからエクセルを起動しない」としておけば、これにチェックがあるといけないのかも、と考えられるのですが。エクセル2010ではファイル/オプション/詳細設定/全般に、「DDEを使用する他のアプリケーションを無視する」という項目があります。

それに、なんでそうなったの?という問いには回答不能でした。何もしていない(らしい)のでおそらくアップデートによって勝手に設定が書き換えられたのではということにしておきました。ありそうなことですし。
[PR]
SIMフリーiPhone6でデータ通信専用SIMとIP電話をつかうと、月額使用料が格段に安くなりますが、不便なことも少しあります。そんなにあれもこれもはうまくいきません。

私が使っているIP電話アプリのLaLaCallは、電話としては全く問題ありません。比較的大都市近郊で使っている今の環境やiPhone5ではなく6であることも関係あるかも知れませんが、この1ヶ月で通話品質も含め不満に思ったことはほとんどありません。LTEではなく3Gの電波が弱いときに電話の向こうの遠くでエコーがかすかにかえってくることがあった程度でしょうか。遅延も全く感じませんでした。

しかし、電話がかかってきた時にすぐには出られません。プッシュ機能をオンにしておけばiPhoneが眠っていても(画面が真っ暗でアプリが動いていなくても)ちゃんと着信音は鳴りますが、右にスワイプ、指紋認証、応答をタップ、と3ステップです。すこし面倒。

電話に出られないときはちゃんと不在着信メールを送ってくれますので、あとでこちらからかけ直すことが出来ます。でもそのメールにある、かけてきた人の電話番号をタップしてもLaLaCallは起動しません。この番号をコピーして、LaLaCallを起動して、番号を貼り付けて発信です。すこし面倒。

これはiPhoneが電話のリンク先をiPhone固有の電話アプリに紐つけしているからで、紐つけ先をLaLaCallアプリに変更すればいいのですが、変更が出来ません。アプリ開発業者でも出来ません。iPhoneの仕様です。今のところIP電話の宿命です。

この「すこし面倒」を「とっても面倒」と感じ、お金で解決できるならそれでもいい、のならIP電話アプリではなく電話機能付きのSIMを使うことになります。私が使っているIIJで月額使用料がプラス700円(消費税別)と少し高くなります。

またIP電話アプリだと必ず電話番号が変わる(050-****-****)ので、それがイヤな人は電話機能付きのSIMでないとどうしようもありません。

私は、すこし面倒でも、支払はIIJへの月額972円とLaLaCallへの1分19.44円の通話料だけ、という魅力に勝てません。

[PR]
PCを使っていてネット環境がないときには、iPhone6をルーター代わりにしてインターネットに接続できます(テザリング)。そのための手順を簡単に書いておきます。

0.まずはPCとiPhoneを何でつなぐかを決めます。つなぎ方はWi-Fiでつなぐ、USBケーブルでつなぐ、などもありますが、Wi-Fiだと無線ですが長いパスワードの入力が必要です。ペアリングの手順がややこしくてもつないでしまえば無線環境で快適なブルートゥースでやってみます。PC側はWindows8.1です。

1.iPhoneで設定、Bluetooth、とたどりこれをオンにします。

2.iPhoneで設定、インターネット共有、とたどりこれもオンにします。

3.次にPCでチャームを出して(マウスを右下にもっていく)、設定、PC設定の変更、PCとデバイス、Bluetooth、を選びます。
すると勝手にiPhone6を検出してくれてペアリングの準備完了になりますので、ペアリングを押します。
するとなんらかのパスコードが表示され、iPhoneでも同じパスコードが表示されます。
両方で、okとするとペアリング完了で、PCとiPhoneがブルートゥースでつながります。
iPhone6がPCの画面に出てきているのにうまくいかないときは、一旦iPhone6というデバイスを削除すれば準備完了状態になるようです。

4.ペアリングに成功したら、PCでコントロールパネル、ネットワークと共有センター、アダプターの設定の変更とたどり、Bluetoothネットワーク接続をダブルクリック、デバイス(iPhone)をクリックして接続方法を「アクセスポイント」にします。Windows8.1ではこの手順を行わないとインターネットに接続できないようです。

5.終わりです。iPhone経由でインターネットにつながります。

PCのインターネット接続環境をiPhone経由にしたときは、ほかのWiFiなどは無効にしてしまった方がよいようです。またこの状態でPCでインターネットから大きなデータのダウンロードなどを行うと当然ですがパケット(1パケット=128バイト)を大量に消費することになります。iPhoneのネット接続契約内容をちゃんと確認しないと接続料金が高額になったりネットの接続スピードが落ちたりしますのでご注意を。少々のメールチェックくらいならたかが知れていますが。
[PR]
先日iPhone6をうっかり無くしてしまいました。軽くてかさばらないのが仇になって電車から降りるときにポケットからすり抜けたようです。こんな時はウインドウズパソコンでもiPhone6を探せます。

とはいえ、そもそもiPhone6で「iPhoneを探す」がオンになっている必要があります。設定、iCloud、iPhoneを探す、をオンにします。初期設定でオンだったかも知れません。また、設定、プライバシー、位置情報サービス、システムサービス、iPhoneを探す、をオンにします。当たり前ですが電源が入っていることも必要です。

こうしておくと、https://www.icloud.com/にいって、Apple IDとパスワードでログオンすると今iPhoneがどこにあるのか探せます。そして遠隔操作でパスワードロックをかけたり、メッセージを表示させたりできます。無事に見つかれば一安心、最悪戻ってこない場合はデータの全消去も出来ますが、今iPhoneがどこにあるか分かるだけでも少し安心します。あとは日本の安全、国民の親切に期待しましょう。私は戻ってきました。流石日本。

もちろん、海外でなくした場合でも同じ方法で探せます。
[PR]
タッチパネルが反応しない症状がネットでも報告されています。私の場合の顛末を書いておこうと思います。事態は突然、iPhone6のタッチパネルが反応しなくなりました。最初は左側一列が反応しなくなりました。

取りあえずネットであれこれ調べてみて、再起動したら治りそうでしたので電源オフにしようとしたら、そもそも電源オフにするためのスライド(スワイプ)が効きません。当たり前ですが。またあれこれ調べて、どうやら電源ボタンとホームボタンの同時長押しで強制再起動できると分かりました。

無事再起動を果たし、無事タッチパネルも反応してやれやれと思っていたら、数日したら又タッチパネルが反応しません。今度は右側も反応しません。再起動しても治りません。それどころかタッチパネル全体が全く反応しなくなりました。再起動を繰り返すこと数度、やっと反応してくれて、やれやれと思いつつ、これはおかしいと。

翌日又突然無反応になり、再起動して治るもののしばらくするとまた反応しなくなる。それこそ10回以上再起動を試してやっと反応する。

事ここに至って、アップルサポートへ連絡し症状を説明すると、ハード上の問題と思われるといわれ、製品交換となりました。もちろん無償。

サポートは始めは中国人らしき人が対応したのですが、何しろ言葉をきちんと理解してもらえず、ニュアンスが伝わらないし慇懃無礼と感じてしまい日本人に変わってもらいました。DELLさんもそうですがアップルさんも人件費をけちっているとかえって逆効果で高く付くと思います。

日本人に変わってからは対応もしっかりしていました。電話で話をしていたのは土曜日の夕方、その日のうちに交換品を手配すると言われ、大阪の我が家にやってきたのは2日もたっていない月曜日の朝9時でした。アップルの対応も素早いですが、配送しているヤマトもなかなかのものです。

蛇足ですが、アップルクラウドにiPhoneのバックアップをとっておくと(初期設定でそうなっていますが)こんな時には簡単に元の状態に戻ります。連絡先もその他データ類も設定内容も最初の起動時に「クラウドから復元」を選ぶと戻ります。さすが。

もう一つ蛇足ですが、ソフトでもハードでも、やっぱり初期ロットは不良がつきものかと。
[PR]
携帯のアドレス帳をiPhone6にコピーするのは結構骨が折れました。他の手順もあるかも知れませんが、私はこの手順で全部移すことに成功しました。

携帯→テキストファイル(CSV形式)でPCに保存→OUTLOOKにインポート→iTunesを使ってiPhoneに同期、です。OUTLOOKはウインドウズパソコンには付いていますが、iTunesは事前にインターネットからダウンロードしてインストールしておきます。無料です。

まずとにかく携帯のアドレス帳をPCに取り込みます。私の場合はAUでしたので、リスモポートというソフトを使いPCに携帯データのバックアップをとります。問題はこのリスモポートがWin8に対応していないことで、古いXPパソコンが必要です。

バックアップデータはこのリスモポートというソフトでしか見られませんから、リスモポートでアドレス帳を画面に出して全データを選択してコピーし、エクセルに貼り付けます。次に不要なフィールド(住所や会社名など)はその列を削除してしまいます。そしてエクセルでCSV形式でUSBなどに保存します。拡張子は.csvではなく.txtにして下さい。

次にアウトルックを動かして、ファイル/開く/インポートで「他のファイル」、テキスト(タブ区切り)を選んで、先ほどのUSBに保存したテキストファイルをインポートします。この時に「フィールドの一致」でテキストファイルとエクスポート先をあわせておく必要があります。名前やふりがななどマウスドラッグで合わせておきましょう。

さいごにiTunesを起動し、PCにiPhoneをUSBケーブルでつなぎ、「情報」をクリックして「連絡先の同期先」にOUTLOOKを選んで「同期」ボタンを押します。

OUTLOOKの側で、ファイル/オプション/アドインから、iTunes Outlook Addin をアクティブにしておかないとiTunesからうまく読み込めないかも知れません。またiTunesは最新のものでないとiPhone6には対応していませんので、最新版にアップデートしておいて下さい。

ようやく電話帳を移せました。古~~~い世代から一気に最新モデルに移行するのは意外と大変でした。大手プロバイダーで契約してもこんなに古い携帯からのデータ移行をやってくれるのか不明ですが、できないといわれてもせめてPCにデータをバックアップしておけば何とかなると思います。
[PR]
時代の波に抗しきれず、ついに携帯(ガラケー)をスマホに変えました。しかしスマホの料金は異常に高いので、安くする手立てを講じました。

まず、iPhone6の「SIMフリータイプ」をアップルストアで買います。次にデータ通信専用のSIMカードを通信事業者から買ってiPhoneにセットします(道具はiPhonについてきます)。次ににIP電話アプリをiPhoneにインストールします。そしてメールアドレスを設定します。これだけです。

iPhone6は発売当日とんでもない大騒ぎでしたが、私は発売2日後くらいにネットのアップルストアで買いました。発送に1ヶ月くらいかかるとなっていましたが、1週間でやってきました。もっとも私が選んだのはサイズも容量も小さいタイプでしかも濃灰色でしたから、大きなゴールド色だとこうはいかないかも知れません。

SIMカードの選定は慎重さが必要です。SO-net、OCN、ワイヤレスゲート、b-mobile、Biglobe、U-mobileなどなど多くの通信業者が色々な種類を、あるいはイオンやビックカメラやヨドバシカメラでも売っています。データ通信専用と電話が出来るものとがあります。ここで電話が出来るものを選ぶと、安くても1ヶ月基本料金が2千円くらいはかかってしまいます。ポイントはデータ通信しか出来ないもの。わたしはIIJのSIMカードを選びました。月額972円で高速通信が可能です。1ヶ月通信サイズ2ギガバイトを超えると通信速度が落ちますが、動画やゲームをのべつしているヘビーユーザーでもなければ2GBはまず超えないと思います。

ちなみに2GBだと、ヤフーのトップページは9000回くらい見られ、1メガ程度の添付ファイルをつけたメールなら2000通、テキストデータだけのメールなら40万通、スマホ版グーグルマップなら2700回、電話なら120時間(通話料は下記のように別途かかります)、YouTubeの5分の動画は190回見られます。(出典:b-mobileのHP)

最後にIP電話アプリですが、これもLINE、Skype、050Plus、Viberなど色々あります。ポイントはアプリを起動していなくても着信することと、固定電話にかけられること。こうでないと実質的に電話として機能しません。この両方の機能を持っているのは、調べた中ではSMARTalkとLaLaCallの2つだけでした。私はEO光を使っているので月額基本料100円がタダになることと、通信料が安いことからLaLaCallを選びました。携帯電話向けは1分18円で普通のスマホの半額程度、固定電話向けは3分8円です。

難点は電話番号もメールアドレスも変わってしまうことです。NTTやAUなどの通信業者で買うとMNPが使えるのですが、IP電話アプリでは番号を指定することが出来ません。またメルアドも着信通知をしてもらおうとすると、iCloudのメールを使わざるを得ません。でもそんなことより、最低でも5~6千円はかかるものが972円です。電話代はスマホのカケホーダイにしてもかかりますし、2年も経たないうちに本体代金は回収できると踏みました。

実際に使ってみると電話品質は問題なく、むしろ今までのガラケーよりクリアで遅延もほとんど感じません。ネット環境はNTTドコモの携帯回線を利用するのでドコモのスマホと同じ利用エリア、同じ品質で、ネットのスピードも快適です。もちろんWi-Fi環境にある場合はそれを利用するので、1ヶ月2ギガバイトの制約は関係なくなります。

あとは昔の携帯の中にある電話帳をどうやってiPhoneに移すかですが、これはまた次回。

私のようにガラケーでも構わない、程度の使い方しかしない人は、大手の通信業者でスマホを買うと毎月の使用料がとんでもないことになるので、こんな買い方も参考にされては如何でしょうか。
[PR]
ウインドウズ8.1を使っている人も増えてきたかと思いますが、このスタート画面はまた大変使いにくいものです。仕事で使っている人は最初からデスクトップ画面を表示させた方が絶対に使いやすでしょう。

5月にClassic Shellを使う方法も書きましたが、タスクバーのプロパティ/ナビゲーションで電源オン直後にデスクトップ画面から立ち上がるようにもできますので、そちらを使う方も多いと思います。

そうするとしょっちゅう使うものはデスクトップにショートカットを置きたくなりますが、これは11月に書いた、「ウインドウズ8.1、デスクトップにプログラムアイコンを」を参照して頂くとして、「全てのアプリケーション」を表示するすべはないので、なにかあるとスタート画面に戻らないといけません。そこで腹が立つのがスタート画面の使いにくさです。

わたしのスタート画面は、そもそも要らぬソフトのタイルは皆消して(アプリを削除したのではありません)、使うタイルも小さいサイズにして、一つの画面で使いそうなソフトを全部見られるようにしています。

ところがところが、わたしのスタート画面を見て頂いて、このように表示させようと努力して頂ければ分かるのですが、タイルをつかんで移動させようとすると他のタイルの動きが摩訶不思議なのです。思うようには動きません。小タイル3個分の幅でグループ分けをしたいのですが、なかなかに難しい。2個分の幅にしようとするとどうやってもできません。

マイクロソフトのユーザーインターフェイスは最悪ですが、スタート画面もやっぱり最悪です。タイルの配置もサイズも変えられるから便利、などというお抱えライターの言葉を信じてはいけません。配置は変えられますが自由度は著しく低く、サイズは自分好みには設定できません。お仕着せの使いにくさを我慢するしかありません。

ソフト開発能力の問題かイマジネーションの不足か単に不遜なのか。エクセルに代替するものがあれば私はとっくにWindowsに怒り見限り、他のOSに移行していると思います。
c0064451_22575684.jpg

[PR]