今Windows7や8、8.1を使っている人は画面右下に「Windows10を入手する」というアイコンが出てきていると思います。これは7月末に発売される予定のWindows10を無料で手に入れることの出来るお誘いです。

もちろん7月末になればこれをクリックすることで無料で10が手に入るのですが、すぐに10にするのはやめた方がいいと思います。慌てなくても向こう一年間は無料なのですから。

まず10に変えたら周辺機器が使えるかどうかが問題です。プリンターや外付けハードディスクなど問題なく動くかどうかをメーカーなどのサイトで確かめないといけません。

次に今使っているソフトがちゃんと動くかどうかが問題です。普段使っている物はもちろん、滅多には使わないけど時々使う物まで、現在インストールされているソフトについて確かめる必要があります。

まあ言っては何ですが、いままでマイクロソフト社は中途半端で不出来なバージョンアップを行い、ユーザーからブーイングの嵐に遭って、実はそれは自らお金を使うことなく逆にお金を出したユーザーにタダでOSのチェックやバグ発見をさせていた、という構図を延々と繰り返してきました。ですからよく知っているユーザーは新バージョンにすぐには飛びつきません。OSを変更するのはサービスパックがでて、バグがひと通り収まってからでしょうか。

それから10にするには今使っているPCのスペックが10に耐えうるかどうかも調べないといけません。
プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoC
メモリ: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
ハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
グラフィックス カード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ (画面解像度): 1,024 x 600

プロセッサやメモリは最低条件です。今までの経験からこのレベルでは動くことは動くけど快適ではない筈です。では快適に動かすにはどれだけのスペックが必要か、それをちゃんと言わないところがマイクロソフトです。苦労をすることになる人々のレポートを待ちましょう。

また、例えばグラフィックス カード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)、となっていますが、一般の人がこれを調べることが出来るでしょうか。ファイル名を指定して実行→「dxdiag」と入力→「ディスプレイ」タブ、で確認できますが、そうしても「ディスプレイ」タブで表示されている内容が多分ちんぷんかんぷんです。不親切。

周辺機器とソフトとPCと、ちゃんと確認してから10に変えないととんでもない目論見外れになる可能性もあります。いずれ10に変えるにしてもよくよく時期を考えて対応しましょう。
[PR]
VHSビデオテープに昔の懐かしい映像や子供の動画記録が残っているケースもあると思います。ですが、ぼちぼちビデオデッキがなくなりつつあり、手持ちの機材が故障でもしたらいよいよ再生することができなくなるかもしれません。

そこで今回は、ビデオテープをデジタルのDVDにダビングする方法を書いておきます。

まずは赤白黄色の出力端子しかないビデオデッキからデータをパソコンに取り込むため、USBオーディオ変換ケーブルを買ってきます。私はアイオーデータ社のUSBオーディオ変換ケーブルを5,840円で買ってきました。

データをパソコンに取り込んだり動画データを編集するためのソフトも同梱されているのでこれらをインストールし、ビデオデッキとパソコンをつなぎます。変換ケーブルは片方がUSB、もう片方が赤白黄(とS端子)の受け口になっています。つないだら、ソフトを起動して動画の保存先を指定した上でビデオデッキで再生をします。

そうすると再生された動画はパソコンのモニターに映し出され、同時にそのモニターの動画がパソコンの指定したフォルダに動画ファイルとして保存されていきます。

とにかくデジタルデータで保存したいだけならこれで終わりです。後はこのファイルをDVDにコピーすれば良いわけで、一般的なテレビで見たいのなら「DVDを作成」というメニューを使ってテレビ用のDVDを作るとテレビで見ることができるようになります。編集ソフトを使えば不要部分のカットや画質の向上などもできます。

自分でこの作業をやるとやたらと時間もかかります。ダビング屋さんに持っていけば1本1000円前後でDVDにコピーしてくれますので、お金で解決したほうが早いかもしれません・・・。
[PR]
パソコンは「主にインターネットを見るために使う」という人が多いと思いますが、その時にJavaというものが使われています。簡単に言えばインターネットを閲覧するための小道具プログラムで、多分知らず知らずに自分のパソコンにインストールされています。このJavaのバージョン「7」が2015年4月30日でサポート切れになりました。

サポート切れになったからといってすぐに問題が生じるわけではないのですが、困ったことにウイルス感染の危険性が高まります。ウイルス対策ソフトを使っていても、それで安全というわけではないので、Javaも7から「8」にバージョンアップしておきましょう。

自動アップデートの設定をしている人は既に8になっているかもしれませんが、コントロールパネルからプログラムの追加と削除(Win8では「プログラムと機能」)を選んで、もしJava7があったらまずこれをアンインストールしましょう。7をアンインストールせずに8をインストールしてはいけません(脆弱性が残る、そうです)。

そして必要ならJava8をインストールしましょう。Javaが必要かどうか分からなければ何もしなければいいと思います。インターネットを見ていて、もし必要ならブラウザーが「Javaをインストールしろ」と言ってくるので、それからインストールしても遅くはないでしょう。
[PR]
2015年5月からいよいよスマホのSIMロック解除がスタートします。巷では格安スマホがあれやこれやと宣伝を始めています。私も格安スマホをお勧めしたい派ですが、具合の悪いこともきちんと書いておきましょう。

そもそもSIMロックとは、キャリア(通信業者のこと、NTT、AU、ソフトバンク)が販売するスマホ端末本体で自分の通信回線以外を利用できなくする仕組。このロックを5月以降はユーザーが望めば解除しなくてはいけないのですが、半年間はダメとかまだまだ大手キャリア(通信業者)は悪あがきをしています。

初めからSIMフリーの端末を買って、自由に通信業者を選んで、その業者のSIMを買えばすむ話なので、私は昨年この方法を使い、通信料金+通話料金で毎月せいぜい1500円くらいまでしか払っていません。毎月7~8千円も払う気は初めからありませんでした。

ここで、具合の悪いことその1
最初の設定は自分でやらないといけない。端末とSIMは別々に買って、SIMを端末に挿入し、通信業者と通信できるように初期設定をするのは自分です。こんなことをやる自信がない人は格安スマホでも端末とセットのものを店頭で購入するようにしましょう。イオンやビックカメラやヨドバシカメラなどで扱っていますが、自由度は若干狭まります。それに電話帳を移す作業も大変ですから、自信のない人は店頭でやってくれるかどうかを確かめましょう。

その2
電話のカケホーダイはない。全くないわけではありませんが、ないと考えていいでしょう。つまり電話を架けると月額料金がどんどん高くなります。私は殆ど電話を使わない上に、通話料の安いIPフォンを使っているので上記の料金におさまっているのです。電話をいっぱい使う人は格安スマホに向いていません。

その3
パケホーダイをつかうと料金は高くなる。メールやウェブくらいなら1GB/月もあれば充分なのでしょうが、ユーチューブなどで動画をいっぱい見る人や、のべつネットにつないでいる人は5~8GBくらいデータ通信量があるようです。そのデータ量にあわせてプランを選ぶと月額で2~4千円くらいになったりします(電話通話料は別です)。自宅にWi-Fiがある人は自宅ではパケットは使わずにすみますから、このあたりも考えないといけません。

その4
サポートは受けられない。いや受けられなくはないのですが、基本はメール問い合わせ程度ですから、店頭で手取り足取りということはあり得ません。SIM(の通信業者)がNTT回線を使っているからといって、NTTのドコモショップではサポートしてくれません。それに端末とSIMが別々ですから不具合があったとしてもそれがどちらの不具合なのかを見極める責任は自分自身にあると考えるべきです。100MBと100Mbpsはどちらも「100メガ」と略しますが、この違いが分からない人は端末とセットの格安スマホを選んだ方がいいと思います。

その5
通信スピードはやっぱり大手キャリアにはかなわない。表向きは格安業者もLTE対応などとしてあり、大手キャリアと同じ回線を使うのですが、実は大手キャリアから回線をまとめて購入し、ユーザーに小売りしているのです。マンションでネットに接続しているのと似ていて、ちょっと乱暴ですが100メガの回線契約でもマンション住民50人が一斉にネットにアクセスすれば一人あたりは2メガになりますよね。スマホでも同じことなので、安さだけに惹かれるのではなく、自分の使い方にあった業者選びが大事です。

結局の所、自分のスマホの利用形態や利用頻度にあわせて端末を選び、業者を選び、プランを選び、アプリを選ぶと初めて本当に格安で快適なスマホを手にすることが出来る、ということだと思います。
[PR]
ホームページでリンクをクリックすると思いもしない変なページに飛ばされて困っている、ウイルスにやられたんだろうかというお話です。

これはマルウエアとかスパイウエアとかいう類のものでウイルスではありません。いわば広告です。インターネット上で何かをダウンロードしたりインストールしたときに気づかないうちに一緒にインストールされているのでしょう。海外のソフトに多いのですが、初めから「何かをインストールする」にチェックをつけているケースがあり、騙されます。

困ったことにこれは自分でインストールを許可してしまった広告なので、ウイルスチェックソフトでは検知できません。しかもしつこく広告するように仕組まれてしまうので、退治するのも結構大変です。

一応駆除するツールがあるのでそれをあれこれ使って見ることにしました。CCleaner、adwcleaner、Malwarebytes Anti-Malware、spybot、SUPERAntiSpyware、などセーフモードと通常モードを行き来しながらログを確認してマルウエアがなくなるまでお掃除、再起動を繰り返し、なんとか削除に成功しました。

ネット上で何かをインストールするときは面倒がらずに画面をよく読み、何か「xxxをインストールする」にチェックが入っている場合はそれを外す癖をつけましょう。
[PR]
iPhoneには、Face Timeというアプリが最初からあります。これは(多分)もともとビデオ通話をするためのアプリですが、当然声だけの通話も出来ます。

連絡先をみて、Face Timeと表示されてビデオと電話のアイコンが表示されていれば、Face Timeが使えます。電話のアイコンを押せば普通に電話できます。Face Timeオーディオといって、電話代は無料。Lineやスカイプ同士の電話と同じですね。

相手方がiPhone、iPad、マッキントッシュPCなど、必ずしもスマホとは限りませんが、無料電話が出来ることに変わりはありません。

それにしても連絡先にそんな設定をした覚えはありませんから、アップル社がFace Timeをつかえる相手方を自動的に認識し、使えるよ、と表示していることになります。iPhoneを使う前に相手方としても何らかの初期登録をしているわけですから、分かるのは当然かも知れませんが、なんだか情報筒抜けの感は否めませんね。無料は助かりますが。
[PR]
今まで動いていた、自作マクロボタンを押しても動かなくなってしまいました。ちょっと原因が分からなかったのですが、マイクロソフトのアップデートが原因でした。

いわゆるセキュリティーアップデート(MS14-082 セキュリティ更新プログラム)で、これを適用しないわけにはいかないので当然アップデートします。その結果、マクロボタンが動かなくなることがあるようです。

サポート情報はある(https://support.microsoft.com/kb/3025036/ja)のですが、一般の人には、まあハッキリ言って意味不明です。これでよしとしているマイクロソフトの姿勢はけしからんと思います。

結論的には、キャッシュを全部クリアする、つまりPCの中に溜まったゴミを掃除すればよいようです。人の手ではやりにくいのでお掃除ソフトを使いましょう。私は CCleaner というソフトを使っていて、インターネットから無料でダウンロードできます。CCleaner をインストールしたら「クリーナー」を選んで「解析」ボタンを押し、多分ちょっと時間がかかってから「クリーンアップ開始」ボタンが押せるようになり、またまた少し時間をかけてクリーンアップつまりお掃除をしてくれます。

ついでに「レジストリ」ボタンを押して、「問題点をスキャン」すれば、レジストリのお掃除もしてくれます。「問題点を解決」ボタンを押せば不要なものを全部削除してくれて終わります。結果的にPCが重たいという問題も少し改善します。

CCleaner は専門的なツールも提供してくれますが、よく分からない人は初期設定のまま使う上記の二つ以外はやらない方がいいと思います。PCが動かなくなっても責任を負えませんので・・・。
[PR]
2015年の5月には総務省による「SIMロック解除の義務化」が始まります。そうなるとハードウエアとしてのスマホ選びと、ソフトとしての通信事業者選びとは別々に行えることになります。これは今でもSIMロックフリーの端末を買えば同じことなのですが。

注意すべきなのは、「SIMロック解除の義務化」は5月以降に販売する端末についての話で、今持っている端末のSIMロックを解除してもらえる訳ではない、ということです。現行のいわゆる「2年縛り」は相変わらず有効なのです。

とはいえ、端末を買い換える予定のある人は5月まで待てば通信事業者を自由に選べます。NTT、AU、ソフトバンクはもちろん、MVNOと呼ばれる格安通信事業者が行うサービスに移行することも可能です。

MVNOでは、データ通信のみの契約形態と電話もできる契約形態とがあります。データ通信のみで契約すると電話機能が無いのでIP電話アプリを追加インストールする必要があります。

MVNO(いわゆる格安スマホ)は、Bigカメラ、ヨドバシカメラ、イオンなどで販売されています。いま使っている携帯番号をそのまま利用したいのであれば、電話つきのタイプで契約しましょう。いわゆるカケホーダイのようなプランはなく、月額固定料金+従量制通話料になります。LTEを利用する月2GBまでのプラン(2Gを超えるとスピードが落ちるのが通常です)で比較してみます(税抜き)。単位は円/月、電話機能付きはデータ通信+電話機能の合計金額/月です。
c0064451_23135238.jpg

電話番号は変わっても気にしないので050で始まるIP電話でよい、のであればデータ通信のみを選んで、IP電話アプリを利用すればさらに安くなります。

IP電話アプリは以前にも書きましたが、アプリを起動していなくても着信すること(push対応)と、固定電話にかけられることが大事で、こうでないと実質的に電話として機能しません。この両方の機能を持っているのは、2014年10月に調べた中ではSMARTalkとLaLaCallの2つだけでした。
c0064451_23183081.jpg

IP電話アプリだと安くなると書きましたが、電話をかけることの多い人、特に携帯から携帯に長電話をする人はかえって高くつくこともあり得ます。またスマホでユーチューブなどの動画をよく見る人もMVNOを利用しても高くつくこともあります。一方そうであってもWiFi環境で利用することが多い人はそもそも月2GBまでの制限が関係なく、安く利用できます。

自分の利用環境や使用内容にあわせて賢くスマホを選べば、スマホを本当に格安で利用することが可能になります。最初にスマホ本体は購入しないといけませんが。
[PR]
ビジネスでスマホを使う人はそれぞれ色々なニーズがあると思います。私はあまり使いこなしているとは言えないのですが、それにしてもお勧めのアプリを書き出してみます。

まずは手帳アプリ。これは、Staccal2。
タテに日にちを並べてくれて、文字も最大15ポイントまで大きく出来て年寄りに優しい。スマホを横にするとちゃんと横になります(6日間くらいの表示)。ToDoリスト(リマインダー)も手帳に連動します。いわゆる普通のカレンダ表示も、予定は小さく表示されますがワンタッチで切り替えられますし、色々なカレンダ表示が準備されているのでお好きなものを選べます。

会社で使っているグループウエアがiPhoneのカレンダーと連動できれば、Staccal2も連動します。しかもグループウエア→Staccal2の一方通行なので、グーグルカレンダーとの同期のように個人の予定を会社に知られる心配がありません。

Staccal2は予定の時間入力方法がユニークかつ便利です。9:30は、9、7を右フリック、3、0、空白、とすればそのまま予定表の開始時刻と認識してくれます。くるくると時間を設定するのは鬱陶しかったので助かります。100円の有料アプリですが、かなりカスタマイズできるので、ぴたっとはまる人にははまるのではないかと思います。

為替のレートが気になる人は、ザイFX!。
おもな為替レートを一発で一覧表示してくれます。無料です。

表計算とワープロは、PagesとNumbers。
iWorksで検索すれば両方無料でダウンロードできます。iPhoneを新たに購入した人は無料だそうですが、買い換えた人はどうなのでしょう。アップル製品なので表示が多少崩れたりします。それがいやなら本家のマイクロソフトエクセルとワードも無料です。まあスマホで作業をする人はいないでしょうから、閲覧できればそれで充分かと思います。

電話については、わたしはそもそもIP電話を使っていますが、大手携帯キャリアの電話を使っている人は楽天電話アプリをインストールするとほぼ半額になるようです。カケホーダイで契約している場合は無意味ですが。

あとはブラウザやマップ。最初からSafariとマップがありますが、私はChrome(クローム)とGoogle Maps(グーグルマップ)を使っています。これは好みだと思います。操作は多少変わりますが、PCで使っているものを使うのがストレスは少ないと思います。

とくにブラウザのクロームはwindowsPCとMacintoshとiPADとiPhoneなどなど同期しますので、ブックマークも拡張機能も同じになってくれていつも同じ使い勝手で快適です。
[PR]
エクセルのファイルをダブルクリックしても、なんだかエラー表示が出てエクセルが起動してくれない、何とかしてくれという依頼です。

エクセルを起動してからファイルを選ぶとちゃんとファイルが開くので、直感的にDDE(ダイナミックデータエクスチェンジ)が悪さしているのだとは思いましたが、ただ今回の話はエクセル2003なので設定のどこをどうすれば良いのやら。

見つけました。ファイル/オプション/全般タブの左上の方にある「設定」です。「ほかのアプリケーションを無視する」のチェックを外せばちゃんと元通りファイルダブルクリックでエクセルが起動してくれます。

それにしても「ほかのアプリケーションを無視する」はひどい表現ですね。せめて「他のアプリケーションからエクセルを起動しない」としておけば、これにチェックがあるといけないのかも、と考えられるのですが。エクセル2010ではファイル/オプション/詳細設定/全般に、「DDEを使用する他のアプリケーションを無視する」という項目があります。

それに、なんでそうなったの?という問いには回答不能でした。何もしていない(らしい)のでおそらくアップデートによって勝手に設定が書き換えられたのではということにしておきました。ありそうなことですし。
[PR]