何かしら段々とクロームが重たくなりました。タブを一つ開くのに20~30秒は待たされます。理由が思い当たらず困惑していましたが、対処法が分かりました。


その1.
いつの間にやらウインドウズの「ディフェンダー」が有効になっていました。私はウイルスバスターを使っており、ファイアウォール機能もあるのでわざわざディフェンダーを有効にする必要性は感じません。ですから無効にしていましたが、多分ウインドウズのアップデートによって設定を変えられたのでしょう。困ったものです。勝手に変えるな!

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\Windows Defender ファイアウォールをクリックして、左側にある「Windows Defender ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック、「・・無効にする(推奨されません)」ボタンをポチッと押します。「ok」を押すのを忘れないように。

ただこのままでは、何かと言えばディフェンダーを有効にしろとうるさく言ってきます。うっかりその画面をクリックしたら元の木阿弥です。なにしろ「有効にする」と「しない」の二択ではなく、クリックしたら有効になるのですから。卑怯!最悪!

コントロール パネル\すべてのコントロールパネル項目\セキュリティとメンテナンス、で「セキュリティ」を開き、「ネットワークファイアウォールに関するメッセージを無効にする」を選んでおきましょう。


その2.
一時的に上記1.で早くなったと感じていましたが、またぞろ遅くなり、「安全な接続を確立しています」と左下に出たまま前に進んでくれません。根本的な解決方法は、多分これです。(出典:https://qiita.com/kik4/items/6c2942770236afee7d71

1.タスクバーを右クリック、タスクマネージャーを出して、サービスタブでCryptSvcを停止
2.スタートメニュー右クリック、ファイル名を指定して実行、regedit と入力し、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SystemCertificates\Root 以下を削除。
3.その時に ProtectedRoots は、まず右クリック、アクセス許可でフルコントロールに変更してから削除。Administorator権限が必要なので、所有者を変えるか、Administorator でログインし直す必要があります。
4.タスクバーを右クリック、タスクマネージャ、サービスタブでCryptSvcを開始。
5.パソコンを再起動

レジストリーをいじる「その2」はよく分からない人は自分ではやらない方が無難です。ですが、そもそも2018年春の大型アップデートが悪さをしているようで、相変わらずの困ったアップデートです。


クロームに限らずブラウザの表示が重たく感じたら、マイクロソフトの意地悪を疑うのが一番の解決策かも知れません。


[PR]
要するにブラウザ(IEとかクロームとかFirefoxとか)が日本語をうまく表示できないのですが、これは文字コードが発信者側と閲覧側で異なってしまうためにおきます。ということは発信者側の文字コードで閲覧すれば(エンコードを変更すれば)ちゃんと見られます。

通常はブラウザ側が表示しようとしている内容の文字コードを判別し、そのコードで表示するので文字化けはおきません。しかしメールの場合は、特に外国とのやりとりがあるような場合には、ブラウザが判別するための文字コードの宣言がうまくいっていないことがあるようです。

ところが私が使っているクロームには、昔はあったはずのエンコードを変更するメニューがどこにもありません。でもご安心を。さすがはクローム、「テキストエンコーディング」( https://goo.gl/NXo35h )という拡張機能があります。

このテキストエンコーディングを拡張機能に追加すれば、いろいろなエンコードが可能になります。ブラウザのどこでもいいので右クリックすれば、「テキストエンコーディング」というメニューが出てきます。まあ日本語だと分かっているのなら、Unicode(UTF-8 又は UTF16) か 日本語(Shift JIS か EUC-JP か ISO2022-JP)でエンコードすれば大丈夫なのではないでしょうか。

IEやエッジも、パッと見にはエンコードの変更は見当たらないですね。サファリやFirefoxはどうなんでしょうか。使っていないので分かりませんが、エンコードさえちゃんと変更できれば問題は無いはずです。

ただし、以上はパソコンでの対処方法です。スマホでの文字化けは、上記のテキストエンコーディングが出来ないので、なんともしようがありません。ブラウザメールを提供している側で複数の仕組みを準備しているのなら、あれこれと試してみて文字化けしないものを探すしかありませんね。

[PR]
7月2日ごろより当社サーバー管理会社(ファーストサーバ社のゼンロジック)でシステム障害が発生し、メールの送受信が不安定になっていましたが、7月6日午後8時よりサーバー会社はシステム障害を解消すべく、完全にサービスをストップしています。

当初は9日午前8時のメンテナンス終了予定でしたが、障害が解消せず、今現在も回復の目処が立っていません。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

安定的にホームページの運用を行い、メールの送受信が行えるように、レンタルサーバー会社を変更する手続きに入っておりますが、メールが使えるようになるのは早くても11日になろうかと思われます。それまで皆様にはご不便をおかけ致しますが、今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。

実はゼンロジックのシステム障害は6月19日から始まっています。原因を調査中、改善の兆し、また障害、システムメンテ、また障害、を何度も繰り返し、ついに7月6日に完全にダウンした、というのが実態です。5日の夜にはサーバー会社の変更を考え、6日午後2時には変更を決めたのですが、少し意思決定が遅れてしまいました。6日の日中に変更を完了できていれば・・・と、ほぞを噛む思いです。

[PR]
シャットダウンしようとすると、「シャットダウンを妨げているソフトが・・・」などというメッセージが出て、「強制終了」すれば終了できるのですが、何とかならないか、という話です。もちろん画面上は全てのアプリを終了しています。

これはパソコンを起動したときに自動的に起動している何かのアプリが、画面上は見えなくても裏で動いていることが原因です。何が動いているのか、を突き止めるにはCCleanerというソフトを使うと大体は分かります。通常版は無料ですので、インターネットからダウンロードしてインストールしましょう。高機能版は有料ですが、無料版で充分です。

インストールしたら、ツールを選んで、スタートアップをクリックしましょう。すると自動起動されているプログラムがズラズラズラーっとでてきます。この中のどれかが邪魔をしているのです。不要なモノをクリックして、右側の「無効」ボタンを押せば自動起動しなくなります。では、どれが不要か。パッと見ではわかりません。止めてしまうとウインドウズが動かなくなるものもあるので、注意が必要です。

判断基準は、自分があとからインストールしたもの。発行元がアプリの会社(アップル、キャノン、エプソン、ジャストシステム、ドロップボックスなど)はウインドウズ10とは直接関係ないので、無効にしても大丈夫。もっといえば、ファイルの所在場所が、C:\programFiles\.....や、C:\programFiles(x86)\.....にあるものは、ウインドウズのシステムには関わっていないので、無効にしても大丈夫です。逆にC:\WINDOWS\.....にあるものは「絶対止めても大丈夫」と自信のあるもの以外は触ってはいけません。ノートンやトレンドマイクロのようなウイルスチェックのソフトも無効にしたらダメです。

これでもなお上手くいかないときは、コッソリ裏で動いているソフトを探るしかありません。それぞれのパソコンの状況によるので、曰く言い難いですね。

ちょっと難しいかも知れませんね。自信がない人は少し詳しい人に手伝ってもらいましょう。ただ、CCleanerは、クリーナー(ゴミ掃除)、レジストリ(レジストリーのゴミ掃除)を使えばパソコンのお掃除もしてくれる優れものです。

[PR]
エクセルのピボットテーブルでピボットの元データを変えると、以前にはあったけど今はもう無くなった項目(フィールド名)がいつまでも表示されます。邪魔なのでこれを消す手立てはないのかと言われました。

ピボットテーブル内のどこでもいいので、右クリック→ピボットテーブルオプションとたどって、「データ」タブをクリックし、「データソースから削除されたアイテムの保持」を「自動」から「なし」にします。こうすると今は存在しないフィールド名は消えてくれます。
その後ピボットテーブル内で右クリック→更新を行えば消えていることが確認できます。

ちなみに、更新するたびに列幅が変わってしまうのも、同じピボットテーブルオプションの「更新時に列幅を自動調整する」のチェックを外せば、一度整形した列幅を勝手に変えられずにすむようになります。

エクセルのピボットテーブルはとてつもなく便利ですが、時としてうまくいかないことが起こってきます。ちょっとしたことを知っているとさらに便利になりますね。

[PR]
iPhoneの連絡先は、iPhoneをどういじってもグループ分けができません。しかし実はPCから設定を操作することで連絡先のグループ分けは可能です。

着信メールのグループ分けについては、2017/10月に書きました。
http://cpahiro.exblog.jp/m2017-10-01/

連絡先のグループ分けも同様で、パソコンで、https://www.icloud.com/へ行きます。自分のアップルIDとパスワードを入力、手元のiPhoneで表示される確認コードを入力、パソコンの画面上で「連絡先」をクリック。
連絡先が一覧表示されるので、左の下の方にある「+」をクリックして「新規グループ」を作り、グループ分けしたい人を作られたグループにドラッグすれば終わりです。

PCでこの操作をすると、ほぼ瞬時にスマホの内容も変わってくれます。でもスマホではこの設定ができないのはちょっと不便ですね。


[PR]
今日は珍しくワードのマクロの話です。ワードは文書を整形するためにしか使っていないのですが、ヘッダにファイル名や作成日を書いておきたいことがままあって、いちいち設定するのは面倒ですからこれをマクロを使ってワンクリック作業にしようと思います。

マクロはよく分からないので、マクロの記録を利用します。そのためにまず、リボンの何もないところで右クリック、リボンのユーザー設定を選び、右側にあるメインタブの中の「開発」にチェックを入れます。これでマクロの記録が出来るようになります。

開発タブの中の「マクロの記録」をクリックして、記録開始です。まずは挿入タブ、ヘッダー、ヘッダーの編集をえらび、Tabキーを押して中央へ移動、クイックパーツ、FileNameを選びます。日付も入れたければTabキーを押して右側に移動して、日付と時刻を選びます。日本語、西暦などはお好みで。Escキーを押して、本文に戻っておいて、開発タブ、マクロの記録終了。

あとは出来たマクロをクイックアクセスツールバーに登録しましょう。ファイル、オプション、クイックアクセスツールバーとたどり、コマンドの選択でマクロを選べば今記録したマクロが出てきますので、それを選んで「追加」ボタンを押せばokです。

こうすればワンクリックでいつも同じパターンのヘッダをつけることが出来るようになります。追加ボタンを押したあと、下の方にある「変更..」ボタンを押せばアイコンを変えることが出来ますので、好みのものに変更して下さい。アイコンを自分で作るのは至難の業ですからやめた方がいいと思います。

ちなみに記録したマクロは以下の通りですが、なんとなく分かるような分からないような・・・。

Sub ヘッダはファイル名と日付()
'
ActiveWindow.ActivePane.View.SeekView = wdSeekCurrentPageHeader
Selection.TypeText Text:=vbTab
Selection.Fields.Add Range:=Selection.Range, Type:=wdFieldEmpty, Text:= _
"FILENAME ", PreserveFormatting:=True
Selection.TypeText Text:=vbTab
Selection.InsertDateTime DateTimeFormat:="yyyy/MM/dd", InsertAsField:= _
False, DateLanguage:=wdJapanese, CalendarType:=wdCalendarWestern, _
InsertAsFullWidth:=False
ActiveWindow.ActivePane.View.SeekView = wdSeekCurrentPageHeader
Selection.EscapeKey
End Sub

[PR]
私は普段IEは使わないのですが、やむをえずIEを使うときに、IEを開くと最初に「インターネットエクスプローラーへようこそ」というホームページが表示され、消してもまたしばらく(24時間以上?)すると出てくるようになり、なんとか表示させないようにしないと面倒で邪魔で仕方ありません。

「スタート」メニュー右クリック、ファイル名を指定して実行で「gpedit.msc」と入力、グループ・ポリシー・エディタが起動するので、左側の「ユーザーの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」「Internet Explorer」を選択し、右ペインで「初回実行ウイザードを実行しないようにする」をダブルクリックして開きます。
今は「未構成」になっているので、「有効」を選んで、下にある「いずれかを選択して下さい」のリストから、「ホームページに直接移動する」を選びます。

こうすれば鬱陶しい「IEへようこそ・・」のページは開かれることなく、自分が設定したページだけが開いてくれます。

なお、ブランクの状態で起動したいなら、IEの右上の歯車からインターネットオプションを選び、全般タブのホームページの枠の中に、about:Tabs と書き込んで適用ボタンを押しましょう。

OSがプロフェッショナルでないとgpedit.mscが機能しないかも知れません。その場合はレジストリーエディター(regedit.exe)を使うしかなく、ちょっと難しいので、詳細は省きますが、
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main までたどって、DWORD 値を作成する(名前:DisableFirstRunCustomize 値:1)しかありません。

いちいち「IEへようこそ・・」を消していた人は是非この設定をしてみて下さい。

[PR]
償却資産申告という、いわば固定資産税の申告書なのですが、これを電子申告しようとするとカナ文字しか受け付けない市区町村があります。会計事務所では、今どきは通常、漢字で処理しているので面倒くさいことになります。

日本語は文字数が多いので文字コードが2バイトです。英語圏では1バイトですがこれで256文字表記できるので充分です。この違いのために記号などに全角を使おうとするとどのコードを当てはめればいいのかが問題になります。

長音を表すのに使う「-」は、普通に日本語変換を使ってキーボード入力すると、JISコード 213C が使われるようです。全角記号(〇や/)の横バーです。ところが計算記号の全角マイナスは 215D です。

半角で日本語入力をしていると、長音は 00B0 が使われるようです。ところが半角計算記号のマイナスは 002D です。

つまり、213C は 00B0 と、215D は 002D と対応しています。

ごく普通に日本語を入力していると、213C か 00B0 が使われますが、計算記号(テンキーなど)を打つと 215D か 002D が使われます。市によっては 215D(計算記号)しか受け付けず、日本語入力で変換した長音は受け付けないことがあるようです。

8ビット時代のコンピュータではあるまいし、この程度のことは考えて仕組みを作ってほしいものです。まあカナ文字しかダメと言う時点で大いに遅れていますが。

[PR]
特にノートPCの場合、ディスクの容量が意外と一杯になってくることがあります。とくにウインドウズ10にアップグレードした場合は古いウインドウズ(8や7)をそのまま残していることが多く、もう10から後戻りすることがないのなら古いシステムのバックアップは無用の長物ですので削除してディスク容量に余裕を持たせましょう。

Cドライブを右クリックし、プロパティ、ディスクのクリーンアップを選びます。さらにシステムファイルのクリーンアップを選びます。するとその中に「以前のウインドウズのインストール」という項目があるのでチェックを入れます。

これ以外にも「システムエラーのメモリダンプファイル」や「ゴミ箱」や「一時ファイル」など、今ちゃんと動いているならいらないファイルは一杯あります。ディスク容量が不安な人は、これは消しても大丈夫と分かる範囲でチェックを入れましょう。今現在問題なく動いているのなら、上記の3つは消しても大丈夫でしょう。

クリーンアップを開始すると、もう以前のバージンには戻せませんよと言ってきますが、はい。これで10ギガ以上ディスクが空いてくるはずです。

[PR]