人気ブログランキング |

ウインドウズ8.1、デスクトップにプログラムアイコンを

ウイドウズ8.1では基本的にタイルの並ぶスタート画面が最初の画面ですから、新たにインストールしたソフトはスタート画面左下の矢印をクリックすれば、どこかにそのソフトのアイコンがあります。以前の「全てのプラグラム」ですね。

でも、デスクトップ画面からはじめようとすると、ソフトを起動するアイコンがないので、いちいちスタート画面に戻らないといけません。そこでXPや7のようにデスクトップにソフトのショートカットを置くことにします。

例えばスタート画面でエクセルのアイコンを見つけて右クリック、するとカスタマイズのメニューが下に出てくるので、「ファイルの場所を開く」をクリックします。そのソフトを起動するファイルが分かるので、そのファイルを右クリックしてコピーし、デスクトップの空いているところで右クリックして、「ショートカットの貼付」をすればokです。

ソフトのアイコンから「タスクバーにピン留めをする」でもいいのですが、それではタスクバーがあっという間にいっぱいになるので、ソフトによって使い分ければいいと思います。

今は8.1をあれこれいじっているので、私はコントロールパネルまでタスクバーにピン留めしています。