人気ブログランキング |

ウインドウズ10、日本語入力が勝手に変わる

マイクロソフトはOSのアップデートのたびに日本語入力やブラウザーのホームページを勝手に自分たちのものに変更するので、相当のクレームがおきているのではないかと思います。既にウインドウズ10については最後の最後になって勝手にアップグレードするのをやめましたが、対応が遅すぎますね。

今回久しぶりにインターネットエクスプローラーを使ったのですが、初めて、ホームページと検索エンジンを今後は変更しない、というオプションの選択画面が出てきました。少しはユーザーのことを考えるようになったのかも知れません。

ところで日本語入力ですが、
言語/詳細設定/入力方式の切り替えのなかの言語バーのホットキーの変更、
「入力言語を切り替える」を選んで「キーシーケンスの変更」をクリック、
あれもこれも「割り当てなし」を選んでok、ok、とすすめば変更されなくなるかもしれません。

私の日本語入力はATOKなのですが、これをATOK2016にバージョンアップしてからは、OSアップデートで勝手にMSIMEに変わってしまうことはなくなりました。マイクロソフトが諦めたのか、ジャストシステムが優秀なのかは分かりませんが。