<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

エクセルのピボットテーブルでピボットの元データを変えると、以前にはあったけど今はもう無くなった項目(フィールド名)がいつまでも表示されます。邪魔なのでこれを消す手立てはないのかと言われました。

ピボットテーブル内のどこでもいいので、右クリック→ピボットテーブルオプションとたどって、「データ」タブをクリックし、「データソースから削除されたアイテムの保持」を「自動」から「なし」にします。こうすると今は存在しないフィールド名は消えてくれます。
その後ピボットテーブル内で右クリック→更新を行えば消えていることが確認できます。

ちなみに、更新するたびに列幅が変わってしまうのも、同じピボットテーブルオプションの「更新時に列幅を自動調整する」のチェックを外せば、一度整形した列幅を勝手に変えられずにすむようになります。

エクセルのピボットテーブルはとてつもなく便利ですが、時としてうまくいかないことが起こってきます。ちょっとしたことを知っているとさらに便利になりますね。

[PR]