<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

何かしら段々とクロームが重たくなりました。タブを一つ開くのに20~30秒は待たされます。理由が思い当たらず困惑していましたが、対処法が分かりました。


その1.
いつの間にやらウインドウズの「ディフェンダー」が有効になっていました。私はウイルスバスターを使っており、ファイアウォール機能もあるのでわざわざディフェンダーを有効にする必要性は感じません。ですから無効にしていましたが、多分ウインドウズのアップデートによって設定を変えられたのでしょう。困ったものです。勝手に変えるな!

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\Windows Defender ファイアウォールをクリックして、左側にある「Windows Defender ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック、「・・無効にする(推奨されません)」ボタンをポチッと押します。「ok」を押すのを忘れないように。

ただこのままでは、何かと言えばディフェンダーを有効にしろとうるさく言ってきます。うっかりその画面をクリックしたら元の木阿弥です。なにしろ「有効にする」と「しない」の二択ではなく、クリックしたら有効になるのですから。卑怯!最悪!

コントロール パネル\すべてのコントロールパネル項目\セキュリティとメンテナンス、で「セキュリティ」を開き、「ネットワークファイアウォールに関するメッセージを無効にする」を選んでおきましょう。


その2.
一時的に上記1.で早くなったと感じていましたが、またぞろ遅くなり、「安全な接続を確立しています」と左下に出たまま前に進んでくれません。根本的な解決方法は、多分これです。(出典:https://qiita.com/kik4/items/6c2942770236afee7d71

1.タスクバーを右クリック、タスクマネージャーを出して、サービスタブでCryptSvcを停止
2.スタートメニュー右クリック、ファイル名を指定して実行、regedit と入力し、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SystemCertificates\Root 以下を削除。
3.その時に ProtectedRoots は、まず右クリック、アクセス許可でフルコントロールに変更してから削除。Administorator権限が必要なので、所有者を変えるか、Administorator でログインし直す必要があります。
4.タスクバーを右クリック、タスクマネージャ、サービスタブでCryptSvcを開始。
5.パソコンを再起動

レジストリーをいじる「その2」はよく分からない人は自分ではやらない方が無難です。ですが、そもそも2018年春の大型アップデートが悪さをしているようで、相変わらずの困ったアップデートです。


クロームに限らずブラウザの表示が重たく感じたら、マイクロソフトの意地悪を疑うのが一番の解決策かも知れません。


[PR]